友チョコは子供でも作れる?バレンタインレシピで簡単幼児むけはコレ

友チョコ 子供でも作れる

子供たちの間でも友チョコ配りが年々はやっていってますよね~、まだ幼稚園児の子でも「手作りの友チョコをくばりたい!」なんて言いだすこともめずらしくないです。

でも親からすると幼児でも作れる友チョコって…?どんなチョコなら作小さな子供でもれるんだろうって感じですよね。

この記事では

・友チョコって子供でも作れる?親の手伝いはいる?
・バレンタインレシピで簡単な幼児でも作れるもの

についてまとめていますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

友チョコって子供でも作れる?親の手伝いはいる?

友チョコって仲のいいお友達に気軽に受け取ってもらえるようなチョコなので、ホント簡単なもので大丈夫なんですよ。

逆に気合が入り過ぎているとお返しに困ったりするようです(-_-;)

>>関連記事

実際に園児を育てている、または育てていたママたちに「手作りの友チョコをもらって困ったエピソード」と、逆に「手作りの友チョコをもらって嬉しかったエピソード」を聞いてみました。子供が「バレンタインに友チョコを作ってお友達にあげたいな」と言いだした時の参考になれば幸いです。

ですので幼児でもできるような、ちょっとした作業で完成するレシピがいいですよね。

ただ肝心のチョコレートですが、湯煎でとかすのは親がやったほうがいいです。

火傷でもしたら大変なので;

でもそのあとの型に入れるとか、溶かしたチョコで市販のお菓子をデコレーションするとか、溶かしたチョコとお菓子をまぜるだけとかなら子供にもできますよ。

材料は大体100均でそろうし、ラッピングも可愛いものがたくさんあるから見映えもよくなるんです。

バレンタインレシピで簡単な幼児でも作れるもの

バレンタインチョコのレシピで、簡単かつ幼児でも作れるものを紹介していきますね。

・溶かしたチョコにお菓子などをまぜてかためるだけ
・市販のお菓子をチョコでデコレーション
・チョコを型に流し込んでデコレーション

3パターンありますので、これはいいかも?と思うレシピがあれば是非お子さんといっしょに作ってみてくださいね。

注意:ヤケドだけには、気をつけて、湯煎は大人と一緒か大人の方がお願いします。

チョコを溶かす混ぜるだけのレシピ

コーンフレークと混ぜる

必要な材料はコーンフレークと好みの板チョコ、子供にはミルクチョコがおすすめです。

刻んだ板チョコを湯せんにかけ溶かしたら、コーンフレークをいれて混ぜます。

アルミカップにいれて冷蔵庫で冷やしたら完成です。

クランチ友チョコ

材料:板チョコ1枚、クランチパフ(100均にあります)、生クリーム大さじ2、アルミカップ、チョコスプレーなどのトッピング

板チョコをこまかく刻んで、50℃くらいのお湯で湯煎します。

湯煎したチョコに生クリーム大さじ2を混ぜ、クランチパフを投入し、型に流し入れます。

トッピングなどで可愛く飾って、冷蔵庫で冷やし固めれば出来上がりです。

クッキーと混ぜる

ジプロック等の袋にクッキーを入れて、麺棒で大きめの塊が残るぐらいに叩き割り、湯銭で溶かした市販のチョコと混ぜ合わせます。

百均でも販売している氷を作るシリコン製の可愛い型にスプーンで入れていきます。

固まらないうちに表面に、アラザンやハートや花の形をしている小さな砂糖菓子を数個乗っけて冷蔵庫で冷やしてください。

固まったら、1個ずつ色付きセロハンで可愛く梱包して出来上がりです。

フルグラと混ぜる

材料→板チョコ1枚、牛乳大さじ1、バター10グラム、フルーツグラノーラ(フルグラ)100グラム。

板チョコとバターをレンジで1分加熱して溶かします。

溶けたチョコに牛乳とフルグラを混ぜ合わせます。

ラップを広げて材料をのせます。クルクル丸めて棒状にして冷蔵庫で冷やします。

固まったら包丁で一口サイズに切ります。

切る工程を省く場合は、ラップで包む工程の際に、小さめに包んでから固めてください。

ポップコーンとまぜる

味のついていない出来たポップコーンを湯煎したチョコレートに入れ、混ぜ合わせることだったら幼児でも手軽にできますよ。

スポンサーリンク

溶かすチョコレートもイチゴやホワイトチョコレートを使えば、カラフルで味のバリエーションも楽しむことができます。

友チョコにするにも量も多く出来てコストも安く済みますよ!

チョコレートでデコレーションするレシピ

クッキーをデコレーション

まずクッキーやビスケットを用意します。

色々な色のカラーチョコペンを湯せんでとかして、クッキーやビスケットにカラーチョコペンで絵を書いたり、メッセージを書いたりします。

丸いビスケットの上に、マーブルチョコを真ん中にひとつ、その周りにお花の形になるように5つくらいおくのも可愛いですよ。

湯せんっでとかしたチョコでくっつける形です。

チョコの上からカラーパウダーやココアパウダーなどをかけて、デコレーションする方法もカラフルになっていいですよ。

冷蔵庫でメッセージや絵を冷やして固めたら、オシャレな袋やラッピング用品にくるんで出来上がりです。

メッセージカードを用意して「いつも仲良くしてくれてありがとう」などと子供の字で書き込めば貰った相手も嬉しいですよ。

火や刃物など使わないのもポイントです。

子供も楽しみながら友だちを思いながら作ることができるので、飽きずにいいと思いますよ。

見た目もカラフルで綺麗なものができるので、友チョコにもってこいです。

フルーツチョコ

フルーツに溶かしたチョコレートをかけて、再び固めたものはいかがでしょうか。

いちごならそのまま、バナナならカットしてチョコレートをかけるだけです。

ベビーカステラ

ベビーカステラに可愛い楊枝をつけて、溶かしたチョコにくぐらせ、冷やし固めて完成です。

チョコが固まる前にカラースプレーなどパラパラするととても可愛いものが出来ます。

カステラをチョコにくぐらせるだけなので、小さい子でも出来るし、ベビーカステラもたくさん入っているのに安いので、大量生産するのにオススメですよ。

ベビーカステラをホットケーキにかえる方法もあります。

普通に焼いたホットケーキが冷めたら型抜きして、100均などにあるお弁当用のピックで刺します。

あとはベビーカステラの時と同じように、湯せんチョコにくぐらせてトッピングするだけです。

冷ます時はクッキングシートの上に並べて置くといいですよ。

バレンタインチョコは簡単に型でかためるレシピ

スプーンチョコ

材料は板チョコ、プラスティックのスプーン、レーズンやスライスアーモンドなど。

作り方はただ板チョコを湯せんにかけて、スプーンでチョコをすくいます。

そこに好きにトッピングをして固まるのを待つだけです。

カップに入れる

カップはお弁当に使うような小さめのカップで、100円均一などに売っているものです。

バレンタインの季節になると、100円均一でも可愛らしい形のアルミホイルがたくさん並んでいます。

チョコを溶かすのは大人ですが、溶かしたチョコレートをカップに入れるのは幼児でもいけるかと。

小さなカップに入れた後はナッツやアラザンやカラースプレーなど、デコレーション用の材料で思い思いにデコレーションすれば、かわいいカップチョコレートが出来上がります。

冷やして固めてくださいね。

まとめ

チョコレートを湯煎でとかすのはママになりますが、けっこう小さな子でも作れる友チョコっていろいろありますよね。

ちなみにですが、チョコの種類によっては溶かしてかためただけだと、歯ごたえがスゴイ…ということもままありますw

もし試食してみて硬いなと思ったら、溶かしたチョコに生クリームを入れて混ぜて作ってみてください。

楽しいバレンタインになりますように、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

>>関連記事

幼稚園児のバレンタインに友チョコはそもそも嬉しい?友チョコの渡し方で嬉しかったエピソードの口コミを紹介しています。子供のお友達にチョコをあげたいという気持ちを大事にしてあげたいし、お友達にもおともだちのママさんにも喜んでもらいたいですよね。

友チョコをお友達に渡す時に迷惑にならない方法についてまとめています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする