傘の撥水加工を復活させる方法は?手入れをすれば古くても大丈夫

傘 撥水加工 復活

傘って新品の頃は撥水加工のおかげで、雨粒がコロコロとおちていっていても、使い込んでいくうちに水がしみこんでいくようになってしまいますよね。

使い終わった傘はびっしょりで乾くまでに時間がかかってしまい、梅雨時は濡れたままの傘を使い続けることに…。

この記事では傘の撥水加工を復活させる方法ふたつを紹介しています。

古くなってしまってもお気に入りの傘は使い続けたい、そんな時はこちらで紹介している方法をためしてみてくださいね。

スポンサーリンク

傘の撥水加工を復活させる方法は?

傘の撥水加工を復活させる方法はふたつ、ひとつはドライヤー、もうひとつは撥水スプレーです。

傘の撥水はドライヤーでもどる?

まずはドライヤーをつかった方法からご紹介します。

これは「フッ素樹脂加工されている傘」におこなう方法です。

やり方は傘を開いて裏側からドライヤーでぜんたいを温めていきます、あまり傘にちかすぎないようにしてくださいね。

生地がとけてしまいます。

傘を使い込むことで生地がこすれてしまい、フッ素樹脂加工が倒れてしまうのですが、あたたまると起き上がりまた撥水してくれるのです。

ドライヤーならあなたのお家にもあるハズなので、手軽で簡単な方法ですね。

スポンサーリンク

傘に撥水スプレーをかける

もうひとつは傘に撥水スプレーをかける方法です。

撥水スプレーはフッ素樹脂加工の傘じゃなくてもOK、傘の表側にしっかり振りかけてください。

屋外で作業してくださいね。

撥水スプレーは通販やホームセンターなどで手に入ります。

傘用をえらべばまず大丈夫ですが使用用途に、「布」とか「傘」とか入っているものを使用するようにしてください。

傘に適したものを使わないと、傘を痛めてしまうかもしれませんので。

>>関連記事

幼稚園のお迎えの時に雨だとレインブーツが欲しくなりますよね。どこに売ってるのか、選び方などをまとめています。実際にレインブーツを使い始めて早数年、持っているのは1足ですがとても便利なので、どんな時に役立つか経験談も書いてみました。

傘の手入れをこまめにして撥水をつづける

傘の撥水加工を復活させる方法ふたつを紹介しました。

ですがどちらも一時的に撥水がもどるだけで、一回やったらずっととはいきません。

そのため傘の手入れはこまめに行うようにしてくださいね。

なんとなく「あれ、また弾かなくなってきたな」とおもったら手入れしてみてください。

またフッ素樹脂加工された傘ならどちらかの方法だけより、ドライヤーで温めてさらに撥水スプレーをかけた方がより良いです。

傘が古くても撥水はある程度もどる

私が長年愛用している傘はもう、スナップボタンもサビていたりと年期が入っていますが、ちょくちょく手入れをしているので、ある程度の撥水をキープしています。

さすがに新品同様とはいきませんが。

これまでに何回も撥水スプレーを同じ傘にかけているわけですが、「傘が白くなっちゃった!!」とか「傘が痛んでしまった!!」といったことはないです。

柄の長さや細さがちょうど良くて、なかなか買い替える気にならないんですよね(;´∀`)

柄も気に入っているし。

新しい傘とか見てるとほしくなっちゃいますが、使い慣れたものがやっぱいいかなーと。

まとめ

傘の撥水加工を復活させる方法ふたつ

  • ドライヤーで傘の裏側から温める
  • 撥水スプレーを傘の表側にかける

こちらを紹介させていただきました。

またこまめに手入れすることで長く愛用できます。

あなたのお気に入りの傘が、また雨をはじいてくれるお役にたてれば幸いです。

>>関連記事

洗濯物が雨で濡れた時ってちゃんと洗いなおしした方がいいの?と疑問に思いませんか。通り雨でぬれてしまった時の洗濯物の洗いなおしについてや、にわか雨対策グッズの紹介をしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする