クッキングプロで里芋の煮っころがし!冷凍の簡単レシピを紹介

クッキング プロ 里芋

電気圧力鍋のクッキングプロをつかって、里芋の煮っころがしを作ってみました。

冷凍のさといもなので、下茹でもナシの簡単調理です。

圧力調理時間はクッキングプロ専用レシピ本を参考にしました。

自前のレシピとともに感想もまとめていますので、里芋の煮っころがしの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

クッキングプロで里芋の煮っころがしを作ってみた!

里芋の煮物の材料

まずは材料です。今回は里芋のみにしましたが、色々具をいれてごった煮にしてしまうのもおいしかったですよ。

・冷凍さといも 1袋(280g)
・水 1カップ半
・出汁の粉末 2.5g
・しょうゆ おおさじ2
・みりん おおさじ1
・酒 おおさじ2
・砂糖 おおさじ2

出汁の粉末ですが好みの出汁で大丈夫です。うちは「マルちゃん だしの素(カツオ)」を使いました。

味噌汁の仕上げとかにいれると美味しいんですよね~~。

クッキングプロ 冷凍里芋

もちろん昆布とかつおぶしで一番だしを作って煮っころがしでもOKです、私は面倒なので粉末にしました。

里芋の煮っ転がしの作り方

材料をすべて圧力鍋の釜にいれます。里芋は冷凍状態でOK。

「シチュースープ」ボタンで3分間圧力調理をします。

クッキングプロ 里芋煮っころがし

なぜ「魚野菜」ボタンじゃないのかすごく不思議ですが…。

減圧が終わったら煮詰めていきます、「煮込み炒め」ボタンでスタートです。

レシピ本では15分になってますが、私は12分でやめました。なんでかっていうと里芋が割れてきたからです(;´∀`)

クッキングプロ 里芋 煮崩れ

クッキングプロで煮詰める工程のたびに思うのですが、具がすっごい崩れるんですよね。

まあ煮崩れしたとこから味がしみていって、それはそれで美味しいのですが、十分味がついていたのでいっかと完成にしました。

里芋の煮っころがしの感想

里芋の煮っころがしを作ると「ゴリ芋」と呼ばれる、ゴリゴリ食感の悪い芋がまぎれてることがあります。

どんだけ煮てもゴリゴリゲジゲジしてて美味しくないんですよね~(-ω-;)ウーン

今回はゴリ芋さんはいなかったようで、どれもモチっとなめらか食感に仕上がりました。

トップバリュの冷凍里芋は初めて買ったんですが、なるほど「なめらかな食感」だわと納得。

箸が簡単に貫通するぐらいやわらかくなっているし、味もよくしみ込んでいます。

クッキングプロ 里芋 味

普通に鍋で煮っころがしを作るなら、味付けする前に里芋をやわらかく下ゆでしてしまわないとなので、いっぺんに調理できるのも楽ですね。

実は圧力調理をしたあと、2時間ほど保温状態にしてました。

冷めた状態のほうがもっと味がしみたかもですが、保温で放置しても里芋に味がちゃんとついていましたよ。

ただ煮汁がかなりあまるので、なんとなくもったいないって思ってしまいました。

里芋からは水分は出ないか出てもちょっとだろうな~と思って水多めにしましたが…。

もうちょっと里芋いっぱいで煮るか、イカとか鶏肉とかも入れて、メイン料理向きにしても良かったかもです。

クッキングプロで里芋の煮方まとめ

里芋は皮向きと下茹でが超絶めんどうくさいので、冷凍里芋でこんだけ美味しくつくれるのは助かります。

クッキングプロを買ってからほぼ毎日使ってるんですけど、何つくっても柔らかい!って感想が出てます。

里芋も圧力鍋を使えば、どんだけ煮ても固いって失敗をせずにすみますよ。

まだクッキングプロをお持ちでないなら、ぜひレビューをチェックしてみてください。

>>関連記事:クッキングプロのレビュー使ってみた感想!やわらかく美味しい料理が作れる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする