七夕飾りはいつから飾るの?片づけはいつまで?

七夕飾り,いつから,飾る

子供のために家で七夕の飾りつけをしてみようと思うと、いつから飾っていつ片づけるのか疑問に思いますよね

正式な日ってあるのかな?と

この記事では

・七夕の飾りつけをするのはいつなのか
・七夕の飾りつけを片付けるのはいつなのか

についてまとめています

スポンサーリンク

七夕飾りはいつから飾るのが正式なの?

七夕の飾りつけをする正式な日づけは「7月6日の夜に飾る」と言われています

なぜ6日の夜なのか?をかいつまんで説明すると、神様に捧げる着物を織ってお供えするのが7月6日という日本古来の風習からきています

しかし旧暦に合わせて行われる七夕まつりなど8月に開催される場合は話がかわってきますよね

早めに七夕の飾りつけをする場合

正式な七夕の飾りつけをする日は7月6日の夜、でも子供が小さいと翌日が七夕なのにちょっとあわただしいですよね

子供って体調も崩しやすいし下手したら6日に熱出してたりとか(;’∀’)

なので私の場合ですが7月に入ったら七夕の飾りつけをしちゃってます、家で飾るときは室内の壁面に飾り付けをするのでまあ早くてもいいかなーと

笹に飾るばあいはすぐ枯れてしまうので、やっぱり7月6日の夜に飾りつけがいいですが

生の笹ではなく「七夕キット」とかダイソーあたりで買える造花の笹なら長く飾れますよね

早めに七夕の飾りつけをするなら壁面アートとか造花の笹をつかうといいですよ

七夕飾りの片付けはいつ?

飾りつけをしたら片づける日がくるわけで

七夕飾りの片付けで正式な日は「7月7日の夜」になります、日本古来の風習でいうと「禊(みそぎ)」にあたるそうです

昔は川や海に笹ごと流してみそぎとしていたみたいですが、今はそういうの出来ませんしね(;´∀`)

じゃあどうやって片づけるの?!とお悩みでしたらこちらの記事を参考にしてみてください

>>関連記事

七夕飾りの処分のやり方について書いています。七夕送りが出来ない地域だと、子供が一生懸命つくった短冊や飾りの捨て方に心が痛みますよね。七夕飾りをその後も楽しむアイデアも提案しています。

七夕の日に飾りを片づけてる余裕はない場合

飾りつけの日同様、子供がちいさいとそんな6日の夜に飾って7日の夜に片づけるとかせわしなくて(ヾノ・∀・`)ムリムリってなりますよね

私も無理でしたw

それに…せっかく子供が頑張ってつくった飾りや短冊を、たった一日で処分するのはもったいない>< って思ってしまいません?

さらに言うと子供も「まだ飾っておきたい(´・ω・`)」とか言い出しますし

なので私の場合しばらく七夕飾りはそのままにしています、7月に入ったら飾って七夕が終わって一週間ぐらいですかね

保育園で作って持ってかえる笹も一週間もすれば枯れ果てて、もう片付けるしかないわって状態になるのでそのぐらいです

まとめ

正式な日は

・七夕の飾りつけをする 7月6日の夜
・七夕の飾りを片付ける 7月7日の夜

となりますが、子供の年齢や意思にあわせてしまっても良いと思いますよ

七夕の飾りつけをするのが目的なのではなくて、子供と七夕を楽しむのが目的なので

大きくなってくると別に6日に飾って7日の片付けでも「本来はそういうもの」と分かってくれますしね

実際管理人の上の子は園児のころは「まだすてないでええええ(´;ω;`)ウゥゥ」と言ってましたが小学生になったら「七夕終わったしいいよー」とあっさり言いますw

それでは楽しい七夕を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする