七夕飾りの処分はどうやるの?捨て方やその後のアイデアはコレ!

七夕 飾り 処分

七夕はお家で笹に飾り付けをしなくても、保育園・幼稚園や学校で飾りつけをして、持ってかえってきたりしますよね。

そうなると困るのが七夕飾りの処分…。

「これは何ゴミに分別したらいいの?」
「いやそれより子供が一生懸命作って気に入ってる七夕飾りを、燃えるゴミに出すのはなんだか抵抗が…」

そんな感じで困ってしまいますよね(´・ω・`)

とはいえ子供の作品を全部のこしておこうとすると、お家の中が作品でギュウギュウになってしまいます。

この記事では

・七夕飾りの処分はどうやるの?
・七夕飾りの捨て方は?
・七夕飾りのその後のアイデア

について紹介していますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

七夕飾りの処分はどうやるの?

七夕飾りの処分というと、昔ながらの「七夕送り」が思い当たりますよね。

飾りのついた笹を川や海に流したり、燃やしたりして天へとかえす行事です。

しかしこういった七夕送りは、出来る地域と出来ない地域と別れています。

また神社によって1月の半ばごろに「とんど焼き」をしていたりするので、お正月飾りといっしょに飾りと短冊をもっていくと、お焚き上げをしてもらえることもあるようです。

お焚き上げをしていない神社へもっていっても、迷惑になりますのでご注意ください。

いまでは七夕送りが出来る地域の方が少ないので、七夕で使った笹や飾り・短冊の一般的な処分方法も紹介しますね。

当然のことながら「自治体のゴミ出しルールに従って捨てる」ことになっています。

つまり自治体指定の可燃ごみの袋に、笹や飾りなどをこまかくして入れて、ゴミの日に出す形です。

私の地域の場合は七夕送りをしてくれる所の話は聞かないので、もう可燃ごみに出すしかないです(´・ω・`)

スポンサーリンク

七夕飾りの捨て方は?

近場でお焚き上げをしてもらえたりするなら、子供が作った七夕飾りや短冊の処分にも困らないですが。

そういった風習が残っていない地域だと、可燃ごみに出すしかないですよね。

しかし「がんばって作った飾りや、子供のお願いごとが書いてある短冊を、燃えるゴミに出すのは…」と抵抗があったりしますよね(;´∀`)

そこで、以下の提案はいかがでしょうか?

七夕の短冊は終わったら捨てる?

神社で古札回収をしてくれているとか、先述のように1月の「とんど焼き」があるとかなら、短冊は残しておきます。

お焚き上げしてもらえるならその方がいいですよね。

近場でお焚き上げが無理なら、いっそ短冊は家にかざっておいたり、作品ファイルみたいなのにしまっておくのもアリかなと思います。

家に飾るなら毎年入れ替えて去年の分は処分、とか。

短冊ぐらいならめっちゃ場所をとるとかもないですしね。数年したらもういいかなって、処分するタイミングも出てきますよ。

七夕の笹の捨て方は?

笹ってあっという間に枯れてしまいますよね~~。

お母さん的にも枯れてしまった笹を残しておいてもなとなるかと思いますし、「もう枯れちゃったから笹は捨てようね」と言えば子供は割と納得してくれます。

なのでこちらは七夕が終わったら比較的捨てやすいかと思います。

捨てる際にはできるだけ細かく切って、適当な紙袋にいれてからゴミ袋へいれると、ゴミ袋に穴が開きにくくなります。

あと笹を切る時、手で折るのはおすすめしません。

小さめの笹だと枝も細くて、手でおっちゃえって思いがちですが…。

私はむかし笹を折った時、指をおもいっきり切ったことがあるので、マジやめたほうがいいです。

いまだに痕がのこってます(;´∀`)

園芸バサミとか、なければ工作用のハサミなどで切るようにしてくださいね。

ちなみに笹は神事などでもつかわれるぐらい、「聖なるもの」という位置づけにあります。

生命力にあふれしっかりと根を張り、天へとまっすぐ成長していく笹竹は、神様の依り代とも言われています。

笹の葉は殺菌力がつよく厄除けとしてもつかわれ、笹の葉の音は神様を呼ぶ音として知られているんですよ。

ですので捨てる時にはなるべくキレイな紙袋にいれて、軽く塩をふっておいてもいいかと思います。

あきらかにゴミ扱いするのではなく、簡単にでも敬意を払うような感じですね。

七夕飾りのその後のアイデア

短冊と笹の処分のやり方を紹介してきましたが、まだ折り紙などでつくった飾りがのこっていますよね。

これがまた捨てづらい!w

なにせ子供がワクワクした顔で、一生懸命つくった七夕飾り。

そうはいっても毎年残しておくわけにもいかないし、ってことで、七夕飾りのその後のアイデアをご紹介します。

七夕飾りの写真を子供ととる

もう定番中の定番ですが、子供と七夕飾りをいっしょに写真に撮ります。

全体の写真と子供が特にお気に入りの飾りの写真、短冊だけのショットも良さそう!

夜空をバックに撮影したら素敵な一枚になりそうですね。

しばらく写真立てなどに飾るという約束で、作った飾りとお別れを促す感じです。

七夕飾りでお気に入りだけ残しておく

次に飾りの中で「これは捨てないで!」というものがあれば残しておきます。

笹ごと全部のこすのはやはり邪m…場所をとってしまいますが、飾りだけ数個ならそれほどスペースをとりません。

残した飾りは改めて飾ったり、子供がぬいぐるみにつけて遊んだりして、満足いけば子供の方から「もうこれ捨てていいよ」となります。

星、吹き流し、紙衣…子供が気に入っているものの中から、いっしょに決めた数だけ残して、残りは処分します。

飾りの選別の時に「全部は残しておけないから好きなものだけ○個選んで」と言えば大抵納得してくれるかと思います。

また私の場合子供に

「昔は七夕が終わったら笹も飾りも短冊も、燃やして天に煙といっしょにお願いを届けていたけど、今はおうちで燃やすことが出来ないから、代わりに燃やしてもらうために捨てるんだよ」

みたいに雰囲気トークで納得してもらったりもしました。

捨てることで燃やしてもらえるところに持っていってもらう、という補足がいるかもです。

七夕飾りの片付けまとめ

作ったものを捨てるのは忍びないですが、毎年毎年増えていくと際限ないですからね(;´∀`)

昔、小学校でおっきな笹というか竹というか…七夕集会で飾り付けをして、終わったら皆で海まで運んで先生が海に笹を流すとやっていた事を思い出します。

今じゃそんな風に七夕送りをやれませんが。

七夕の翌日に可燃ごみに飾りや、短冊をつっこむのは気が引けますが、時間がたつと気持ちも変わったりするので、気が済むまで残しておくのも悪くないと思います。

ただゴミの分別って年々細かくなっていって、しまいにはお金がかかるようになっていったりするので、面倒にならないうちに処分した方が良かったりもするんですよね(´・ω・`)

難しいもんです…。

>>関連記事

星型の食材でかわいくデコった七夕そうめんに合うおかずをまとめてみました。鉄板は天ぷらですがそれ以外にもメニューを紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする