敬老の日のプレゼントで足が悪いおばあちゃんへ実用的なものはある?

敬老の日 プレゼント 足が悪い

敬老の日のプレゼントで足が悪いおばあちゃんへは、どんなものが喜ばれるのかな?と悩みますよね

おいしいものを食べさせにいってあげたくても、おばあちゃんは足が悪くて歩くのもツライし…

そうなると何か物がいいなとなりますが、ちょっと漠然としすぎていて唸ってしまいますよね;

この記事では足が悪いおばあちゃんへオススメの敬老の日のプレゼントを「こんなのどうですか?!」と紹介していますので、参考になれば幸いです

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントで足が悪いおばあちゃんに喜ばれるものは?

歳をとるとどうしたって体は衰えていくものですが、健康のため毎日散歩をしているというおばあちゃんもいますよね

家の近所をゆっくりノンビリ歩きながら、外の景色を眺めてお散歩

そんなお散歩のときのために、靴や杖のプレゼントもいいですよね

膝やかかとに優しい設計の靴や、歩くときの補助になる杖なら、おばあちゃんのお散歩もいつもより長く出来るのではないでしょうか?

ただし靴は実際にはいてみて、履き心地をたしかめずに買うとかなりの確率で失敗するので、プレゼントするならいっしょに靴を買いに行くのは鉄則です

合わない靴は余計に足が痛くなってしまいます

また杖も、しっかりした物でおばあちゃんの身長にピッタリ合うものがいいので、介護用品専門店で杖を選んだりするといいですね

あなたのおばあちゃんに合わせて杖の長さを調整してくれますよ

しかし、足が悪いというと杖とか靴のプレゼントもいいのですが、もう歩くのもしんどくてなるべく座っていたい状態だと、お蔵入りになってしまうかもしれません

一日のほとんどを家の中で過ごしている祖母には、家の中で使う実用的なものの方が喜ばれますよ

おばあちゃんへのプレゼントで実用的なものは?

おばあちゃんは足が痛くて歩くのも困難なので、出来る限り座っていますよね

なので座る時に楽になるようなものや、近くにおいてあると便利なものが実用的でプレゼントにオススメです

・座椅子

椅子から立ち上がるのが大変そうにしているなら、座ったり立ったりしやすい高さの座椅子は、おばあちゃんに嬉しいプレゼントですよね

腕置きがついているものだと、立ち上がるときにも座るときにも支えに出来ます

・クッション

座りっぱなしでいるとお尻が痛くなってきてしまいますよね

スポンサーリンク

座椅子にしてもクッション部分がヘタレてくるとやっぱりお尻が疲れてきてしまいます

そこで座り心地のいいクッションや座布団のプレゼントもいいですよ

・ひざかけ

定番というかありきたりかもですが、私も冬になるとひざ掛けを愛用していまして、あるのとないのでは寒さが全然違います

足が悪いおばあちゃんは椅子に座るほうが楽なので、どうしても足元が冷えやすいです

クォーターサイズのひざ掛けだと足の表側しか温かくできないので、ハーフサイズのひざ掛けというか毛布でもいいぐらいですよ

・サイドテーブル

歩きづらいと少しの距離の移動も一苦労ですよね

テレビのリモコンとか、お茶を汲みに行ったりとか、耳かきしたくなったりとか…

細々としたものや電気ポットと湯呑とお茶の葉など、まとめておいておけるサイドテーブルがあると便利ですよ

おばあちゃんが日々使うものや必要なものをコンパクトにまとめられます

・脳トレグッズ

あと一日ほとんど座ってるだけだと、ボケてしまっても困るので、脳トレになるようなグッズもあるといいですね

ボケ防止に!みたいないかにもな物だとおばあちゃんもちょっと複雑な気持ちになってしまうかもなので

大人の塗り絵とか、手芸とか、パズルとか

何か作る作業をすると暇つぶしにもなるし、出来上がったときの達成感はいくつになっても嬉しいものですよね

おばあちゃんの足が悪い プレゼントに喜ばれる物まとめ

きっと、おばあちゃんは孫からプレゼントをもらったら、なんだって嬉しいとは思いますが

それでもやっぱり祖母が必要としてくれるものを贈りたいですよね

・お散歩をするおばあちゃんには、靴や杖
・家で過ごす時間が長いおばあちゃんには、座椅子やクッション、ひざかけ、サイドテーブル、脳トレグッズ

靴や座椅子やクッションあたりは消耗品なので、毎年敬老の日に新しいものをプレゼントでもいいかもですね

あとありきたりですが、あなたの顔をみて色々話をする時間が、おばあちゃんには何より嬉しいプレゼントだと思います

可能なら是非、プレゼントをわたすときには直接会いに行ってあげてくださいね

>>関連記事

この記事では敬老の日のプレゼントに定番の花は?どんな種類がある?長持ちするものは?についてまとめています。敬老の日のプレゼントを贈るおばあちゃんの状況や性格に合わせて、素敵なお花を選んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする