風車の作り方 折り紙とストローを使った簡単かわいい方法を紹介!

風車 作り方 折り紙 ストロー

風車の作り方で、折った折り紙をストローにつける方法を紹介しています。

簡単ですがハサミをつかうので、小さな子供が自分でつくるのには向いていないです。

はさみの扱いに慣れてきた年長さん以上ならいけると思います。

作り方はとっても簡単なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

風車の作り方 折り紙とストローで簡単に!

風車の作り方を紹介していきますね。まず用意するものはコチラ。

・折り紙で折った風車
・ストロー 太
・ストロー 細(つまようじが楽に入るサイズ)
・つまようじ 1本
・ビーズ 1個
・綿のボール 1個

いずれも100均で買えるもので出来ます。

ストローですが太い方は直径1cmぐらいのもの、細い方は直径3mmか4mmぐらいのものを使用しました。

またビーズや綿のボール(デコレーションボール)は、なければ何か適当なもので代用してもいいかと。

それと折り紙の風車の折り方については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

>>関連記事

風車の折り紙での折り方を紹介しています。はさみを使わないので、幼児でも安心して作る事ができますよ。折った風車はストローにつけて回してあそぶことができます。

ひとまずは上記の材料での作り方を紹介していきますね。

風車の作り方

①ストローに穴をあけます

風車 作り方 折り紙 ストロー

太い方のストローに穴をあけます。

ストローは貫通させるので手前側と奥側に、ペンなどで大体の位置をかいておくとやりやすいですよ。

私はハサミを使って半ば無理やり穴をあけましたが、キリなどお持ちならそういった道具を使ったほうが簡単です。

穴の大きさは細いほうのストローがささるぐらい。固定できた方がいいので気持ち小さめで大丈夫です。

②ストローにストローをさします

風車 作り方 折り紙 ストロー

貫通させたストローの穴に、細いほうのストローをねじ込みます。

細いストローは写真のように適当な長さに切って使ってください。

またつまようじが楽に入るサイズのものを選んでくださいね。

③つまようじを刺します

風車 作り方 簡単

先につまようじに綿のボールを刺します。

私が使ったのはセリアで購入した「デコレーションボール」。ダイソーにも同じようなものがあります。

大きさもいくつか種類があるので、好みのサイズを選んでみてください。

綿は風車を固定するためにつけるので、セロテープをぐるぐる巻きにするなどでも大丈夫ですよ。

固定するための綿をつけたら、ストローにつまようじを刺し込みます。

そしてさらに折り紙の風車を、つまようじに刺してください。

④風車をさらに固定します

風車 作り方 簡単

今回私が使ったのはダイソーで購入したビーズです。

100均にはさまざまなビーズがありますが、つまようじがすり抜けてしまうものと、先端でとまるものとあります。

ビーズの穴が小さければ、大体どれも爪楊枝の先端で固定できますよ。

このビーズをはめることで、妙に可愛い風車になりますw

⑤風車が完成です

風車 作り方 折り紙 ストロー

はい、完成しました!

折り紙の風車は大と小、ふたつのサイズを組み合わせてみました。

羽根のところを袋状にちょっと開いておくと、息を吹きかけたときによく回ります。

つまようじは前後固定してあるので、回すたびに落ちる…ってこともないですよ(*´ω`*)

スポンサーリンク

風車の作り方で簡単のまとめ

このままクルクルまわすだけでも遊べますが、折り紙の鯉のぼりをつけるとさらにパワーアップします。

>>関連記事

鯉のぼりの折り方を紹介しています。尻尾の部分がもしかしたら分かりづらいかもですが、全体的には簡単につくれる方法になっています。写真もたくさん用意したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

鯉のぼりの折り方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

色々つくって子供の日に親子で遊んでみてくださいね。

子どもの日の折り紙で簡単に折れるものを紹介しています。ぜひ男の子も女の子も、親子で折り紙をつくって、子供の日を楽しく過ごしてくださいね。子どもの日にちなんだものを折ると楽しいですよ。

子どもの日にちなんだ折り紙で、簡単なものの折り方を紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする