鯉のぼりの折り紙 折り方で簡単なものを紹介、子供の日に作ろう!

鯉のぼり 折り紙 折り方 簡単

5月むけの折り紙といえば、鯉のぼりは外せないですよね。

男の子はもちろんのこと、女の子も鯉のぼりの折り紙をつくると喜びますよ~。

この記事では鯉のぼりの折り方を紹介しています。

尻尾の部分がもしかしたら分かりづらいかもですが、全体的には簡単につくれる方法になっています。

写真もたくさん用意したので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

鯉のぼりの折り紙折り方で簡単なものを紹介!

鯉のぼりの折り紙の折り方です。通常サイズの折り紙と、小さい折り紙をつかって作れば、鯉のぼり親子にすることができますよ。

こいのぼり一つにつき折り紙は一枚でつくる事ができます。

鯉のぼりの折り方

①折り紙を用意します

鯉のぼり 折り紙 折り方 簡単

まず最初は三角形に折るので、折り紙はうら返して斜め向きに置いてください。

下のかどを上のかどに合わせるように、三角に折ります。

②上下を折ります

鯉のぼり 折り紙 折り方 簡単

三角に折りましたが一旦開きます。

つけた折り目とテッペンの角を合わせて折ってください。同じように下の角も折り目に合わせて折ります。

出来たら次は裏返します、写真を参考にしてみてくださいね。

③右側を折っていきます

鯉のぼり 折り紙 折り方 簡単

裏返した状態から、右側の角を折っていきます。

写真につけた赤い線を参考に、まず半分の位置でおってください。

続いて青い線を参考に、また折り紙をおります。

四角形だったのが三角形になる感じですね。

④再び上下をおります

鯉のぼり 折り紙 折り方 簡単

三角形に折れたらまたひっくり返してください。

右側にくる上下の角を、真ん中のラインに合わせて折ります。今度は五角形になりました。

⑤こいのぼりの頭部分を作っていきます

鯉のぼり 折り紙 折り方 簡単

折り紙の真ん中のラインにあわせて、下の部分をうえへと折ります。

この時、上の三角形の袋状になっているところへ、下の角部分を入れ込んでください。

そうすることで、鯉のぼりが真ん中でパカパカ開かず安定します。

⑥鯉のぼりのしっぽを作っていきます

子供の日 鯉のぼり 折り紙

ここから説明がうまくできるか…なるべくがんばります(`・ω・´)

写真にある赤い線を目安に一度折り目をつけます。折ったときに尻尾が垂直にむかうような感じが目安です。

といってもピッチリ真っすぐでなくて、多少ズレていても大丈夫ですよ。

⑦鯉のぼりの尻尾の続きです

子供の日 鯉のぼり 折り紙

折り目をつけたら一旦もとにもどし、尻尾を内側に割って折ります。

写真の右側のような状態に手でもって、さきほどつけた折り目にそって内側に折ります。

折り目をつけた時は外側に尻尾がありましたが、これで内側にきました。

⑧鯉のぼりの尻尾を仕上げていきます

子供の日 鯉のぼり 折り紙

さらに尻尾を折ります。写真の赤い線を目安に、いちど折り目をつけます。

大体ですが尻尾部分の三分の二が上、残り三分の一が下ぐらいの配分です。

つけた折り目にそって、内側で割って折ってください。

最後に鯉のぼりの本体内側にあるしっぽを、角にあわせて半分に折ります。

折るとしっぽが上下とも三角形になる感じですね。

⑨ひっくり返して完成です

鯉のぼり 折り紙 折り方 簡単

ななめに折り紙の端っこがでてしまっているので、ひっくり返して完成になります。

目やヒレなどを描くと、さらに鯉のぼりっぽくなりますよ~。

ウロコも苦手じゃなければ描いてみるのもいいかと思います。

私は若干苦手…w

スポンサーリンク

子供の日に鯉のぼりを折り紙で作るまとめ

折り紙の色をかえたり、サイズをかえたりして鯉のぼりの親子をつくると楽しいですよ。

まごいとかひごいとか…詳しくないのでわからないけど(;´∀`)

ストローにつけたり画用紙にはったりして飾ると、さらにそれっぽくなりますね~。

風車を用意するのもおすすめですよ。色々作って親子で楽しんでくださいね(*´ω`*)

参考文献:「折り紙であそぼ!はじめてでも楽しくおれるよ!」

子どもの日の折り紙で簡単に折れるものを紹介しています。ぜひ男の子も女の子も、親子で折り紙をつくって、子供の日を楽しく過ごしてくださいね。子どもの日にちなんだものを折ると楽しいですよ。

子どもの日にちなんだ折り紙で、簡単なものの折り方を紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする