おせちを子供が食べない!中身を喜ぶメニューにかえてもいい?

おせち,子供,食べない

お正月のご飯といったらおせちですが、実際だしてみても子供ってあまり食べてくれなかったりしませんか?

でも日本の文化で毎年食べるおせちを伝えていくためにも、食べてくれないけど用意したほうがいいのかなと悩みますよね

この記事では

・おせちは子供が食べないけど用意するべき?
・おせちの中身を子供むけにしてもいい?
・子供が喜ぶおせちは?手作りじゃなくても大丈夫?

についてをまとめていますので参考になれば幸いです

スポンサーリンク

おせちは子供が食べないけど用意するべき?

クリスマスのディナーのように、子供が毎年たのしみにしてくれてたらいいんですけどねー;

おせちは子供むけの味ではないし、大人ですら好き嫌い分かれるので「おせちはいらない」なんて言われることも

私の家でも夫がおせちはいらないけど雑煮だけは絶対用意してくれとか言ってくるんですが、お正月の朝から雑煮を作るなんて正直イヤなんですよ…

元々主婦もお正月は料理をしないでかまどを休ませましょうってことで、保存のきくおせちを食べるわけですし

でも家族が食べてくれないんじゃ、おせちを用意する意味もないわけで

けど親心としては子供には「日本ではお正月にはおせちを食べるものなんだよ」と教えるためにも、おせちを用意するべきなのか困りますね

そこでですが、もし少しぐらい食べてくれるおせち料理があれば、それだけは用意してあげるといいのでは?と思います

それぞれのおせち料理にこめられた意味は、写真とかを使って教えてあげてもいいと思いますよ

おせち料理それぞれの意味は?
・栗きんとん
黄金色の栗きんとんは金運を、小金がたまりますようにという意味がこめられている

・かまぼこ
紅白のかまぼこの紅は魔除け、白は清浄を意味していて、またかまぼこの形は初日の出をあらわしている

・海老
腰が曲がるまで生きられますようにと長寿を願っている

・黒豆
マメに働けますように、マメに暮らせますようにという意味がこめられている

・昆布巻き
よろ「こんぶ」というダジャレ…縁起がいいということで

・田作り
田畑の豊作をねがっている

・数の子
卵の数が多いことから子孫繫栄の願いがかけられている

・ブリの照り焼き
出世魚のブリにちなんで出世しますようにと願っている

簡単にですがまとめてみました

スポンサーリンク

こういった由来とかを聞くと「栗きんとんだけは食べよう」とか言い出すかもです

何かこれだけは好きで食べるというおせち料理があれば、それプラス子供の好きな食べ物を用意するといいですよ

おせちの中身を子供むけにしてもいい?

おせちの中身って子供むけとは言い難く、もっと喜んでたべてくれるものにしたいな~って感じですよね

一工夫でできることとしては、食材を飾り切りして盛り付ける方法です

例えば

・紅白かまぼこをウサギにみたてカット&海苔などで目をつくる
・筑前煮(お煮しめ)の野菜を花などの形に切るか型抜き

キャラ弁とかカワイイお弁当を作る時の要領で、ちょっと子供が喜びそうなひと手間を加える感じです

とはいえ全部やってるととてつもなく面倒なのでw

キャラクターの絵柄が入った蒲鉾(かまぼこ)とか、だし巻き卵などもつかうと便利ですね

あとはどうしても箸が進まない食材はやめて、かわりにウインナーとか唐揚げとか、普通にたべるものを出します

通常のおせちメニュー以外がおおくなると「どうみても運動会のお弁当です」って感じになってしまいますがw

お重につめてもいいけど、一人一皿ずつに盛り付ける「ワンプレートのおせち」もいいですよ

盛り付け次第では可愛い見た目になります、おせちは紅白かまぼこや栗きんとんをのせると彩りがキレイになりますし

ちなみにうちでは家族それぞれ「これなら好き」というおせちメニューが違うので、ワンプレートにのる内容が各々かわりますw

子供が喜ぶおせちは?手作りじゃなくても大丈夫?

もっと楽に子供の喜ぶおせちを用意できないかなあってことなら、ネット通販やお取り寄せでかえるおせちが便利ですよ

キャラクターのお重の中に、キャラクターの食材がいろいろ詰め込まれたおせちがあります

ミッキー&ミニーのお重のディズニーおせちや、くまのプーさんのおせちがあるんですよ

他にもキティちゃんとかポケモンボール型のお重に入ったポケモンおせちもありますね

中身がかわいいので見た目で子供が喜びますし、空いたお重箱はその後もつかえます

運動会のお弁当箱にも良さそうですよね~

中身も食べきれる量ですので子供が小さいうちはキャラクターおせちもオススメですよ

お正月ぐらい家事を休みたいですよね、この記事が子供も大人も喜んでくれるおせちにする参考になれば幸いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする