母の日のカーネーションの選び方!花束か鉢植えか、色や花言葉は?

母の日 カーネーション 選び方

母の日のプレゼントの定番といえばカーネーション!

結婚して初めて旦那さんのお母さんへ、母の日のプレゼントを贈るのにピッタリなお花ですよね。

でもいざ贈るとなると種類が豊富すぎて選ぶのも一苦労ではないでしょうか?

この記事では

・母の日のカーネーションの選び方!
・母の日のカーネーションは花束と鉢植えどっちがいい?
・母の日のカーネーションは色ごとに花言葉がちがう?

についてまとめていますので、カーネーション選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

母の日のカーネーションの選び方!

私が子供のころはカーネーションといったら赤かピンクしか見かけませんでしたが、今はさらに別の色のカーネーションもあってカラフルですね。

それに切り花か鉢植えのどちらかって感じだったけど、プリザーブドフラワーや造花など、ホント種類が多いです。

お義母さんへ贈るカーネーションの選び方は、

・生花と造花どちらがいいのか
・切り花の花束と鉢植えどちらがいいのか
・何色がいいのか

を予算内で決める形になります。

おかあさんが日頃お花は飾らなかったり、もし高齢で動くのがおっくうになっているようなら造花の方がオススメですよ。

トイレや玄関、リビングに飾るはなやかなプリザーブドフラワーを贈るとよろこばれます。

またカーネーションの花はハーバリウムにして贈ることもできます。

ハーバリウムにすれば飾っておけるしオシャレだし、手入れもとくに必要ありません。

ただし造花などは毎年プレゼントするとどんどん増えていき、置き場所に困らせてしまう可能性があります。

逆に切り花や鉢植えは世話や手入れが必要になってきますが、毎年カーネーションを贈るなら生花のほうがいいですね。

母の日のカーネーションは花束と鉢植えどっちがいい?

母の日のカーネーションを生花にする場合、花束か鉢植えでまようかと思います。

ここでどちらにするか選ぶポイントとしては

・お義母さんが花瓶をもっていて日頃花を飾る習慣がある
・お義母さんがガーデニング好き
・どちらも当てはまらない

以上3つあります。

カーネーションを母の日に花束でおくるなら?

お義母さんが花瓶をもっていて日頃花を飾る習慣があるなら、カーネーションはブーケを贈ると喜んでもらえますよ。

花瓶をもっていないと新たに購入しなければ飾ることができません。

その場しのぎにバケツにカーネーションをつっこまれても…ちょっと悲しいですよね(;´∀`)

また日頃からお花を花瓶にかざるおかあさんなら、切り花を長持ちさせるための方法やグッズも所持している可能性が高いです。

普段から明るい派手めな色の服や小物を身につける義母なら、カラフルな花束にするのもオススメです。

ピンク、赤のみの単色もいいのですが、組み合わせたカーネーションを小さい花束にして渡したら、とても喜んでくれました。

カーネーションを母の日に鉢で贈るなら?

お義母さんがガーデニング好きで、庭やベランダで花を育てているなら、鉢植えをプレゼントするとよろこばれますよ。

肥料やじょうろなど園芸道具をそろえているお母さんなら、「どうやって手入れすればいいんだろう^^;」と困ることにはなりにくいです。

またお花の世話になれていないと枯らしてしまいやすいですが、慣れてる方なら庭に直接植え替えたりして、とても長くカーネーションを楽しんでくれますよ。

スポンサーリンク

植え替えなくても鉢にはいっているから、そのまま水やりして世話することも当然できます。

玄関や出窓など比較的日の当たる場所におけば、外じゃなくても意外と長持ちするんですよね。

ちなみに鉢植えといってもシンプルな鉢のものもあれば、犬の形をした鉢にはいったカーネーションもあります。クマもあったような。

犬や動物が好きなお母さんならさらに喜んでもらえそうですよね。

母の日のカーネーションは色ごとに花言葉がちがう?

母の日に贈るカーネーションを、造花にするか生花にするか、はたまた花束か鉢植えかが決まったら、あとは色ですよね~。

好きな色を選んだらいいじゃないと言いたいところですが、さけておいた方がいい色のカーネーションもあるんです。

もらう側が知らなければとくに困る事も起きないけど、花言葉とかに詳しいお義母さんだとトラブルの元になりかねません。

結論から言うとさけたほうが無難なのは「白・黄・紫」のカーネーションです。

ひとつずつカーネーションの色による花言葉を紹介していきますね。

カーネーションの花言葉

赤色のカーネーション

・母の愛
・母への愛
・愛を信じる

ピンク色のカーネーション

・感謝の心
・気品

オレンジ色のカーネーション

・純粋な愛

青色のカーネーション
・永遠の幸福

白色のカーネーション

・尊敬
・あなたへの愛情は生きている

黄色のカーネーション

・嫉妬
・軽蔑

紫色のカーネーション

・気品

母の日のカーネーションに良くない色なのはなぜ?

先に紹介した花言葉だけみると、黄色はなんとなくダメな色だなっていうのは分かるかなと思います。

でも白と紫はなんで??って感じかもですね。

まず白色のカーネーションですが、もともと亡くなった母へのプレゼントとして贈る花なんです。

つまり生きているお義母さん白色のカーネーションをおくるのは、縁起がわるいというか…怒る人はとっても怒るんですよね(-_-;)

また紫色も「気品」という花言葉で問題なさそうではあるものの、お別れの時に使われることも多いという理由で、母の日のプレゼントにはあまりむかないと言えます。

気にしない人はぜんぜん気にしないんですけどね、カーネーション自体はどの色もキレイだし。

あえて悪い色を選んで不興を買うようなことになるよりは、無難な色のカーネーションをプレゼントしたほうがいいかと思います。

母の日のプレゼントにカーネーションのまとめ

母の日のプレゼントにカーネーションを贈るなら

・花の手入れを出来ない、しないお義母さんにはプリザーブドフラワーなど
・切り花を飾るのがすきなお義母さんには花束のカーネーション
・ガーデニングがすきなお義母さんには鉢植えのカーネーション
・色は赤、ピンク、オレンジ、青がオススメ

私も小さい頃から母の日といえばカーネーションをプレゼントしていました。

プレゼントした時の母の顔が本当に嬉しそうで、母の日のプレゼントといったら真っ先にカーネーションを思い浮かべます。

定番でマンネリと言われがちですが、やっぱり定番になるだけあるキレイでいいお花なんですよね。

関連記事>>

母の日のプレゼントは何がいいか分からない!そんな時のためにおすすめのものや、もらって嬉しいものを紹介しています。「母のひのプレゼントは何がいい?」って聞きづらい状況だと、どんなものを贈ったらいいか困りますよね。

母の日のプレゼントは何がいいか、カーネーション以外のアイデアもまとめてご紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする