コメ牛の大きさはどれくらい?食べてみた感想口コミも紹介!【コメダ珈琲】

コメ牛 大きさ,コメ牛 テイクアウト,コメダ コメ牛 口コミ

写真よりむしろデカいと評判の、コメダの期間限定メニュー「コメ牛」を食べてみました。

実際どれぐらい大きいのか数字をはかり、写真をそえて紹介しています。

私は並サイズしか食べていませんが、かなり美味しいのでおすすめのバーガーですよ(*´ω`*)

コメ牛の大きさや味の感想だけでなく、値段やカロリー、テイクアウト情報などもいっしょにまとめてあります。

コメ牛が気になるけどどうしよっかなと迷い中でしたら、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメ牛の大きさはどれくらい?

まずは気になるコメ牛の大きさについて。

コメ牛並サイズのバーガーの直径は、大体ですが13cm前後ありました。

コメダ コメ牛 大きさ

高さも5~6cmほどと大分ボリューミーです。

ちなみにコメ牛を入れてくれた容器のサイズは、よこ約:21cm、たて約:14cm、高さ約:7.5cm。

普段たべるファストフードのバーガーにくらべると、コメダ珈琲のバーガーってホントでかいんですよねw

それと正直今回は写真の見た目より、カルビ肉はちょい少な目かなあと思いました。写真より多い・デカイ時のほうがよくあるんですけどね。

とは言えお肉を食べやすいように、中央によせてくれてあっただけかもしれません。食べ応えは並サイズで十分にありましたよ。

コメ牛 サイズ

コメ牛は

  • 並 110g
  • 肉だく 220g
  • 肉だくだく 330g

と、お肉の量が2倍、3倍でオーダーすることができます。

肉だくだくだとバンズで挟むのも大変そうですね(*´ω`*)

コメダのコメ牛を食べてみた感想口コミ!

コメ牛を食べてみましたので、感想口コミも紹介しますね。

コメ牛 おいしい

一口目食べて「うまあーーーーーーーーーーーいぃ!」となりました。

パンがふわっふわですごい、コーヒー屋さんのバーガーってすごい。

肉がダバダバ落ちるのかなって思ってたけど、最初のうちは並なら大丈夫でした。

肉とキャベツの千切りがどっさり入ってても、それ以上にバンズがでかいんですw

ただし食べ進めていくと、だんだんとバンズがズレていくんですよね…ありがち(;´∀`)

それと汁がバーガーをつつむ紙にたまってきます。食べかけ写真ですみませんが;

コメダ コメ牛 食べにくい

こぼさないように注意です。

コメ牛バーガーの肉は細かめになってるらしく、いい感じの量だけ口に入ってきます。

肉だくだくや肉だくだとバンズで挟みながら食べられるのか疑問ですよね。

SNSで見てた範囲では、箸でカルビ肉だけある程度食べたほうがいいとありました。

コメダ珈琲 コメ牛

マスタードと焼肉のたれがカルビ肉に良くあってて、甘辛でおいしいです。

ただマスタードの味がけっこうするので、苦手な方には微妙かも?

お肉も思ってたよりは柔らかめでした。筋かな多分、ちょいちょいかたい部分もありましたけど。

あと私が食べるのがおそかったのが悪かったんですが、ラストの方は汁でパンとキャベツが水っぽくなってしまいました(-ω-;)

冷めてしまうまえにサッサと食べた方が良さそうです。

でもでもとにかく一口目のおいしさが忘れられなくて(*´Д`)機会があればまた食べたいですねー。

スポンサーリンク

発売日や販売期間はいつからいつまで

コメダ珈琲のコメ牛は、2020年9月1日が発売日です。

期間限定メニューなので、11月下旬ごろまで販売予定。

一部店舗では販売なしのようです。

コメ牛の値段は?

コメ牛の店内飲食での値段です。税込み価格。

  • 並 710円
  • 肉だく 1010円
  • 肉だくだく 1310円

一部店舗では価格がかわるようです。

コメ牛をテイクアウトできる?

コメ牛は店内飲食のみかなあって思ってましたが、テイクアウト可能でした。

コメ牛 テイクアウト

持ち帰りだと

  • 並 680円
  • 肉だく 980円
  • 肉だくだく 1280円

と金額もかわります。

カロリーや糖質量は?

見た目からしてハイカロリーそうなコメ牛ですが

  • 並 693キロカロリー
  • 肉だく 1012キロカロリー
  • 肉だくだく 1331キロカロリー

と、やっぱりハイカロリーでした。

コメダ珈琲のコメ牛についてまとめ

コメダ珈琲ってコーヒーがおいしいのはもちろんなんですが、食事もおいしいんですよね。

そしてどれもボリュームがすごい、軽食の分類のメニューなのにボリューミーw

コメ牛もやっぱりボリューム満点バーガーでした(*´ω`*)

カロリーがちょっと多いですが、美味しかったのでまた食べたいなーと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする