インターホンが鳴るのに誰もいない!夜中に不審者かと怖い思いをした話

インターホン 鳴る 誰もいない

インターホンが鳴ったからすぐに出てみても、誰もいない。

モニターには誰もうつっていないし、もしかして死角にいる?と思い声をかけてみても返事がない。

ピンポンダッシュみたいないたずらだと腹が立つし、そうじゃないならなんだか気味が悪いですよね。

この記事では

・インターホンが鳴るのに誰もいないのはなぜ?
・夜中のインターホンは不審者の可能性も?
・夜中のインターホンが怖い対策は?

について、私の体験談をもとに書いていますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

インターホンが鳴るのに誰もいないのはなぜ?

インターホンが鳴るのに誰もいない原因はいくつか考えられるのですが、今回の私の場合は

「結露」

これが原因でした。

結露、または湿気など水分によるインターホンの誤作動です。

モニターつきインターホンも、モニターなしもこの誤作動はちょいちょい起きます。

インターホンの造りとか仕組みについてはさすがに詳しくないので語れませんが、梅雨や台風の時期にはとくにおきやすく、湿気でインターホンを作動させてしまうとか。

あと気温差が激しいときにも内部で結露してしまうことが原因で、誰もピンポンをおしてないのに鳴ってしまうんです。

今回の場合かなり暖かくなってきた時期に、突然の寒波がきて気温差が激しかったのが原因と思われます。

なぜその結論に至ったか、体験談をそのまま書いていきますね。

インターホンが夜中に鳴る音で目が覚める

この記事を書いているまさに今日なんですが、朝方3時ごろインターホンの音がリビングから聞こえてきました。

朝方っていうかまだ夜中ともいえる時間に、なんでインターホンが?!って感じです。

最初は気のせいかとも思ったのですが、続けざまにまた「ピンポ~ン、ピンポ~ン」と。

まだ暗い中かすかに聞こえてくるチャイム音、正直怖い!!(´;ω;`)ウッ…

同室で寝ていた夫を起こしたものの、「こんな時間にならされても…」とまた( ?ω?)スヤァと寝てしまいました。

見に行こうかとも思ったのですがどう考えても人が訪問するような時間じゃないし、不審者の可能性だってあります。

家の鍵はしっかりかけてあるしと悶々としながら布団の中にいつづけました。

しかし、また30分後ぐらいでしょうか、インターホンの音が!

再び夫に「また鳴ってるよ!」と起こしたところ「あ、ホントだ鳴ってるわ」とリビングまで見に行ってくれました。

インターホンのモニターには誰もいなかった

しばらくして戻ってきた夫が言うには「インターホンのモニターには誰もうつっておらず、窓を開けてみてもやはり誰もいなかった」と。

インターホンを鳴らされてわりとすぐに電気もつけましたから、もし用事があって鳴らしているのなら待ちますよね。

不審者が下調べとかでピンポンしてるとしたらイヤだな、怖いなと悶々とすること一時間。

朝4時~朝5時ぐらいのあいだに、三度目のインターホンの音が。

またすぐに夫が見に行きましたがやはり誰もモニターにはうつっていない。

気になって私も窓をあけて外を見てみて、雨上がりの道路を見てようやく気付きました。

冒頭のほうでも書きましたが、この日はずいぶんと春らしく気温もあがって暑いぐらいだったのに、突然の寒波で冬に逆戻り。

しかも日中はずっと雨だった、ということは「気温差と湿気」!

そしてもし誰かがピンポンダッシュしたんだとしても、窓からは広範囲を見渡せるので姿は確認しやすいです。

結露か湿気かは分からないけど、どちらにせよ水分によるインターホンの誤作動だという結論に至りました。

スポンサーリンク

じつは今回が初めてじゃないんですよ、台風の日や雨が続く時期にときどき同じ現象がおきてます。

さらに言うなら以前住んでいたアパートでも、モニターなしのインターホンが誤作動することが何度かありました。

しばらくの間なかったのですっかり忘れてしまってましたね(;´Д`)

まあ覚えていたとしても、誤作動かどうかは確認してみないと分からないし、夜中だし怖かったとは思います。

夜中のインターホンは不審者の可能性も?

夜中のインターホンが結露による誤作動じゃないとしたら。

もしかしたら不審者の可能性もありますよね。

これも私の体験談ですが、以前住んでいたアパートはインターホンにモニターはついていませんでした。

しかも玄関の様子がわかる窓もない、なのでピンポンされてもインターホンごしに誰がいるのか、事前に確認出来ないんですよね。

そんで昼間ですけどインターホンが鳴ったので受話器?あれに出ても応答がなくて。

玄関は見えないけどエントランスの方はみえる窓からこっそり見てたら、なにやらパンフレットを持った人が去っていくところでした。

多分なにかしらの勧誘だったんじゃないかな、無言ピンポンもありうるってことです。

また夜中の無言ピンポンの場合、もっと怖い泥棒とか不審者とかの可能性だってあるんですよね。(朝や昼でもあるみたいですが)

一人暮らしだったり特に女性は防犯にはしっかり気をつけてくださいね。可能ならモニター付きインターホンがいいですよ。

結露や虫が原因ならいいけど(いやよくはないけどw)、原因が「人」の方がよっぽど怖いこともありますからね(;´・ω・)

モニターなしのインターホンだったころは、ちょっと古かったのもあり誤作動もよく起きてました。

でも先述みたいな無言ピンポンもあったので、モニターつきの方が誤作動なのかどうなのかの判断がしやすいです。

夜中のインターホンが怖い対策は?

夜中のインターホンは、誤作動だとわかっても結構怖いです。

今朝は鳴ってなくても音がしているような感じがして、落ち着きませんでした。

そこで取った対策ですが、ひとまず誤作動でうるさいインターホンの音を小さくしておきました。

結露で鳴ってる場合、こちらからどうすることも出来ないです(-_-;)

その場しのぎですがインターホンの音量を下げるか、その日の夜中だけってことで音自体消してしまうかですね。

一年中インターホンの機械の中が結露してたりするわけではないので、誤作動だろうと判断がついたなら音だけ切ってしまってもいいかなと。

朝になって音量を戻し、ふけるところは水分をふきとりました。一度だけ無人でピンポ~ンとなりましたが、その後は今のところ通常に戻りました。

もし連打されてるような感じでなり続けるなら故障の可能性もありますが。

あと判断つけにくいですが、虫が内部に入り込んでインターホンを誤作動させたりもあるようです。

中を分解したりしたことないので、雨が降ってたりしたら「まあ水分が原因かな」と判断してます。

インターホンのモニターに誰もいないまとめ

インターホンが鳴ったのにモニターに誰もいない時、よくある原因は「結露・湿気」。

もし雨が降っていたり、降ったあとだったりしたらその可能性は高いかなと思います。

でも不審者の可能性もなくはないので、変だなと思ってもむやみにドアは開けないほうがいいですよ。

防犯に関しては意識高い系で生きていった方がいいかと(; ・`д・´)

インターホンの誤作動も頻繁に起きるようなら、修理したほうがいいかもですね。

>>関連記事

猫に庭をマーキングされ一年間ほど猫よけ対策して結果的に「ネットとトゲトゲマット」をおいてガードする方法で平穏を手にすることができましたが、さすがにどの猫にもきくとは言い難いです。なのでネットとトゲトゲマットをつかった猫よけ対策のやり方の他にも、効果があるといわれている方法もまとめています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする