夏休みの工作に紙粘土ケーキの作り方で子供にも簡単な方法を紹介

夏休み,工作,紙粘土,ケーキ

夏休みの工作に紙粘土って便利ですよね!

この記事では紙粘土を使ったケーキの作り方で、小学校低学年の女の子向けの簡単な方法を紹介しています。

大人向けのややこしい手順はナシ・材料もシンプルなのであっという間に出来上がりますよ。

スポンサーリンク

夏休みの工作に紙粘土でケーキを作る

大人むけのフェイクスイーツであれば、粘土に絵の具をまぜたり艶出ししたりとしますが、夏休みの工作なので子供向けに簡単な方法で作ってみました。

材料もいたってシンプル

・紙粘土(セリアの「かる~い紙粘土」)
・ホイップ粘土(セリア)
・シリコンカップ(セリアの「シリコンおかずカップ  8号」)
・好みのデコパーツ

今回セリアで揃えましたが、他の100均でも粘土やカップは入手できますよ。

夏休み,工作,紙粘土,ケーキ

デコパーツはレジン用のものが可愛いし、スイーツの飾りにもってこいなデザインが多いのですが、いかんせんサイズが小さいので子供にはちょっと扱いにくいかもです。

一年生や2年生だと少し大きめのビーズやパーツがいいかと思います。

100均でいいのが見つからなければ、手芸屋さんものぞいてみるといいですよ。「10個でいくら」みたいなまとめ売りとかもあって、意外と安かったりします。

紙粘土でケーキの作り方で子供でも簡単な方法

続いて紙粘土でケーキの作り方を画像つきで紹介していきます。子供でも簡単な方法ということで手順もできるだけシンプルにしました。

①紙粘土を4等分する

夏休み,工作,紙粘土,ケーキ

まずかる~い紙粘土を4等分して、8号のシリコンカップに入れてちょうどいいぐらいな量にわけます。

子供が作ることを想定して、適当に手で4つにわけましたが特に問題はなかったです。なのでキッチリはかって分けなくても大丈夫ですよ。

②丸めてシリコンカップに入れて形をつくる

分けた紙粘土をひとつずつシリコンカップに入れて形を作っていきます。

紙粘土がひび割れる?!
この時紙粘土はしっかりと練ってから使うとひび割れしにくくなります。
…といってもまあ限界はありますが(-_-;)

紙粘土のひび割れが気になるようであれば、紙粘土の量を8等分まで減らしてみてください。

4等分の量より高さが半分になるから、紙粘土の外側と内側の乾きの速さの差が少なくなります。

あとはときどき手を濡らしたり、形を整えた紙粘土に霧吹きをしたりするのもいいですよ。

よくコネコネした粘土を軽く丸めてシリコンカップに入れたら、うえから思いっきり押します。

シリコンカップの形がかわりますが、横からギュギュっと形をととのえていくので大丈夫です。

なんとなく形がととのったら、シリコンおかずカップから出してください。シリコンカップなので、小さい子でも楽々外せるかと思います。

③ホイップ粘土を出してデコパーツをのせる

紙粘土,ケーキ,作り方,子供

私はこのホイップ粘土が絶望的にヘッタクソなので、見本としてはアレですが…w

デコパーツをのせたい場所をイメージしながら、ホイップ粘土を紙粘土ケーキの上に出していきます。少ないよりは多めの方がいいですね。

ホイップ粘土だけではとれやすかったので、一旦デコパーツをのせたあと外し、木工用ボンドをつけます。

そしてまたデコパーツを戻してください。デコパーツはケーキにのせたい物ならなんでもOK、割といろんな素材がくっつきます。

フルーツでもいいしビーズをのせてもかわいいですよ。

紙粘土,ケーキ,作り方,子供

あとは乾かすのに作ったケーキをそれぞれティッシュでふわっと包んで、日陰の風が通らない場所に置いておきます。

急にかわくとひび割れを起こすので、風通しのいい場所にはおかないようにしてくださいね。

夏休み,工作,紙粘土,ケーキ

夏休みの工作に紙粘土のケーキの作り方まとめ

夏休みの工作に紙粘土のケーキの作り方まとめというか補足になります。

今回は子供、特に一年生や二年生の子向けなので、かんたんに作れるようにと紙粘土は4等分にしたのですが、正直6等分ぐらいのほうがいい感じの高さになります。

4等分は「半分に割ってまた半分に割って…」で分かりやすいですし、シリコンカップで形を整えるときに扱いやすいメリットもあるんですよね。

あと私は白色のかる~い紙粘土のみを使いましたが、別の色のかる~い紙粘土もあります。

絵の具をまぜたりしなくても、ピンクや黄色の紙粘土があるので、イチゴ味のケーキとかも簡単につくれますよ。

紙粘土同士をまぜてべつの色にしてしまうこともできます、「セリアのかる~い紙粘土」では試してないのでこれはどうなるか断言できませんが…。

それから粘土ようの抜型やローラーなんかも売ってるので、合わせて使うとデザインの幅がぐっと広がります。

いっしょに材料を買いに行くと、子供がアレコレ思いついたりしますよ。

そして紙粘土スイーツって、大人が作ってもめちゃくちゃ楽しいです。是非こどもといっしょにステキな紙粘土ケーキを作ってみてくださいね。

>>関連記事

100均の紙粘土で作るドーナツの、スイーツデコの仕方について写真つきで紹介しています。デコレーションに使う素材も100均でそろうので、リーズナブルにスイーツデコドーナツを作ることができますよ。

スイーツデコドーナツの作り方を紹介しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする