布団乾燥機は夏のタオルケットでも出来る?掛け布団なしの使い方は?

布団乾燥機,夏,タオルケット

夏は寝汗が多くて布団がじっとりしやすいですよね。

外干しでカラリとさせたいところですが、あいにくの天気だったりすると干せないから、布団乾燥機の出番なわけですが。

夏ってタオルケットとか薄手の掛布団じゃないですか。

こんなうっすい布団で布団乾燥機って効果あるのかな?って気になりませんか?

この記事では

「布団乾燥機ってタオルケットでもOKなの?」
「かけ布団を用意しておいた方がいいの?」
「布団乾燥機のなにか便利な使い方ってないの?」

についてまとめていますので、参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

布団乾燥機を夏つかうのにタオルケットでも大丈夫?

布団乾燥機をかけるのに、タオルケットを使うこと自体は大丈夫です。

とはいえ効果の面で考えると、ちょっと頼りないかな~という感じですね。

私の場合脚付きマットレスの上に敷布団を敷いて、敷きパッド、タオルケットまたはガーゼケットあたりを使って寝ています。

それで最初のうちは特に気にせず、敷布団+敷きパッドの上に布団乾燥機のマットをおいて、うえからタオルケットをかけてスイッチぽんしてたんですが。

やっぱり冬に厚手の掛布団や毛布を使って布団乾燥機をかけるのにくらべ、なんだか布団の温まりは悪いんですよね。

敷き布団の裏側なんて全然冷たいぐらいです。

夏だし布団はヒンヤリしてるほうがむしろ気持ちいいですが、寝汗でじっとりしてるんで気持ちよくはないんですよねw

タオルケットは薄い分温風が抜けていってしまうというか…部屋は妙に暑くなるのに敷き布団はそんなでもない、みたいな。

なので敷き布団を裏返して、もう一度布団乾燥機をかける形になってました。

夏のタオルケットで布団乾燥機は大丈夫といえば大丈夫なんですが、手間がかかるという感じですね。

とりあえず汗でじめじめしてしまった布団を、カラっとさせる程度には問題ないかなと。

布団乾燥機のために夏は掛け布団を用意しておくべき?

「じゃあ冬用の掛け布団を布団乾燥機のために夏の間も用意しておくべきなの?」となるわけですが。

スペースに余裕があったり、押し入れなりクローゼットなりですぐ取り出せる状態にできるなら、結構おすすめの方法になります。

スポンサーリンク

あの布団収納袋ってあるじゃないですか、シーズンオフの布団をしまう大中小とサイズがある布団収納袋。

小サイズでも毛布1枚またはかけ布団1枚ぐらいならすっぽり入るので、布団乾燥機用に1枚掛け布団を分けて入れておくと出し入れがスムーズです。

収納スペースの上でも下でも取り出しやすい位置においておけば、布団乾燥機を使う時すぐ出せるので大して手間には感じないと思います。

掛布団で布団乾燥機をつかえばタオルケットより、布団はあたたまるので一回で済みますよ。

夏の布団乾燥機の便利な使い方は?

もう一つ、夏の布団乾燥機の使い方で便利なものをご紹介します。

先に紹介した「布団乾燥機用に掛け布団を用意する」方法がむずかしい場合におすすめのやり方です。

まず敷布団の上に布団乾燥機のマットを敷いて、その上に別の敷き布団をのせます。あとは布団乾燥機をかけるだけです。

敷き布団に敷きパッドはあってもなくてもどちらでもOK。

この方法なら敷き布団2枚を、いちどにカラリとさせられるので便利なんですよね。

ただし敷き布団って結構重いじゃないですか…なので移動させるのがちょっと大変なのが難点だったりします(;´∀`)

掛布団なら敷布団ほどの重さがないので、重量でみたら掛け布団の方が楽なんですよね。

そんなわけで私は「掛け布団用意派」だったりします。

このへんはあなたの環境に合わせて選んでみてくださいね。

>>関連記事

布団乾燥機を使って、子供の靴を乾かしてみました。壊してしまうのは嫌なので、気を付けたポイントとか、なるべく効率的で電気代をムダにしないやり方をまとめています。かかった時間についても書いていますので、参考になれば幸いです。

夏の布団乾燥機のまとめ

そんなに長くない内容ですが簡潔にまとめてしまうと

・布団乾燥機はタオルケットだと温まりが悪い
・布団乾燥機用に夏の間掛け布団を用意しておくと便利
・掛け布団なしなら敷き布団2枚重ねで布団乾燥機を使う

こんな感じですね。

ちなみに布団乾燥機を使う時は、除湿もわすれないようにしてくださいね。

せっかく布団のじめじめを布団乾燥機でカラっとさせても、除湿してないとふたたび布団が湿気を吸い込んでじっとりしますので。

それでは布団乾燥機で心地よいお布団になりますように(*- -)(*_ _)

>>関連記事

この記事では毛布を洗濯するときにごわごわになってしまう原因や、ふわふわになる洗い方と乾かし方についてをまとめていますので参考になれば幸いです。毛布をあらったら「肌触りがごわごわに!」なんてことありませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする