フェルトクッキーに焼き色を付けるには?子供にも安心な方法はコレ

フェルト クッキー 焼き色

子供のおままごとに使うフェルトクッキー、ちょっと焼き色をつけてリアルさを出したいですよね。

とはいえ色付けにつかうものによっては、子供が遊ぶには心配なものも。

小さい子どもだと口に入れたりする可能性があるから、なるべく安心な方法で焼き色をつけたいですよね。

この記事ではフェルトクッキーの焼き色の付け方で、子供が遊ぶままごと用の方法を紹介していますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フェルトクッキーに焼き色をつけるには?

フェルトクッキーに焼き色をつける方法は、今回紹介するもの以外にもあります。

例えば

・ファンデーション
・絵の具

など。

他にも色がつくならなんでもアリといえばアリなんですけど、小さな子供が遊ぶ用で作るなら

「色鉛筆」

がオススメの色付け方法になります。

一番いいのは幼児がフェルトクッキーを口にいれない、ですがw

どれだけ言い聞かせてもやるんですよねえ…。

というわけで、フェルトクッキーに色鉛筆で焼き色を付ける方法を紹介していきますね。

フェルトに色鉛筆で色塗り

まずは基本のフェルトクッキーから。

フェルト 色鉛筆

用意するものは完成したフェルトクッキーと、色鉛筆。

色鉛筆の色は2~3色つかって段階的にぬると、よりリアルな焼き色に近づきます。

一番下にぬるのは「黄土色」がオススメ。

フェルト 色鉛筆

これは黄土色と「つちいろ」の組み合わせです。

まずフェルトクッキーの外側、フチの部分に黄土色の色鉛筆でぬっていきます。

結構ちからをいれないとあんまり色がつかないです。それと別の色もぬるので、大きめに塗ってしまって大丈夫ですよ。

フェルト 色鉛筆

黄土色でぬった部分が残るように、次は土色の色鉛筆をぬっていきます。

フチの方は塗りにくいので、色鉛筆はこまかく動かしながらぬるといいです。

糸をうっかり切ってしまわないように気をつけてくださいね。

焼き色をつけていないフェルトクッキーと比べてみると、写真のような感じなります。

フェルト クッキー 焼き色

こちらは「黄土色」と「茶色」の組み合わせ。

「つちいろ」より焼き色っぽいかなあと思います。塗り方自体は先ほどと同じですよ。

フェルト クッキー 焼き色

茶色も塗り終えると、写真のような仕上がりになりました。

ハート型はまだ色鉛筆でぬっていない状態、丸型クッキーは「土色」でぬったものですね。

こげ茶もやってみましたが、さすがに色が濃すぎるというか、なんか汚い出来上がりになってしまいました。

なので「黄土色」と「土色または茶色」の組み合わせがいいかなと思います。

フェルト クッキー 焼き色

プレーンクッキーとココアクッキーです、ココアには焼き色がつかないので、プレーンのみ。

写真のクッキーの作り方は、こちらの記事で紹介しています。

フェルトクッキーの作り方を紹介しています。小さい子どもが遊ぶ用なので、口にいれてしまうかも?を考慮してボンドは使いません。縫い方を写真つきで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

フェルト クッキー 焼き色

こちらは動物のフェルトクッキーです。

プレーンタイプのアニマルクッキーに、焼き色をつけてみました。

動物バージョンのフェルトクッキーの作り方は、こちらの記事で紹介しています。

フェルトクッキーの動物バージョンの作り方について書いています。簡単な型紙の作り方も紹介しているので、イチから手作り出来ちゃいますよ。小さな子が遊びやすいように、針と糸のみでボンドは使わずに作ります。

フェルト クッキー 焼き色

あとはアイシングクッキーも。

他のフェルトクッキーに比べて、焼き色が分かりにくいかもです(;´∀`)

アイシング風フェルトクッキーの作り方は、こちらの記事で紹介しています。

アイシング風のフェルトクッキーの作り方について書いています。クッキーは「丸・星・ハート」の3種類で、型紙の作り方もこの記事で紹介しています。アイシング自体は100均グッズで簡単あっという間に出来ちゃいますよ。

フェルトに焼き色の付け方まとめ

色鉛筆なので作業自体はとてもカンタンかと思います。

フェルトクッキーに焼き色をつけると、一気に本物っぽくなって面白いですよね。

色んなフェルトクッキーを作ってみてくださいね。

>>関連記事

フェルトクッキーの型紙の手作り方法を紹介しています。簡単なモチーフということで「丸・ハート・星・角のまるい四角」の4種類。いろんな形に応用してみてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする