フェルトままごとクッキーの作り方!縫い方を写真で解説

フェルト ままごと クッキー 作り方

フェルトで作ったままごと用のクッキーってカワイイですよね。

この記事ではフェルトクッキーの作り方を紹介しています。

小さい子どもが遊ぶ用なので、口にいれてしまうかも?を考慮してボンドは使いません。

縫い方を写真つきで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

フェルトままごとクッキーの作り方

ままごと用のフェルトクッキーの作り方です。

フェルト ままごと クッキー 作り方

材料は

・フェルト(ダイソーのビッグサイズを使いました)
・型紙
・刺繍糸
・針

作り方の流れとしては

・型紙を合わせてフェルトをカット
・糸で縫い合わせる

たったこれだけですので簡単に作れてしまいますよ。

フェルトですが同じ形を3枚、ぬいあわせるやり方にしました。

もうちょっと厚みのあるクッキーがいい場合、フェルトを4枚にしてくださいね。

フェルトの色はダイソーの「ペールオレンジ」と「こげ茶」。

それと糸ですが、刺しゅう糸じゃなくても作れます。カラーバリエーションが豊富なので、オススメではありますが。

フェルトを購入するときに、色をあわせながら選ぶのが一番いいかなと思います。

型紙について、もし手元に何もなければ、こちらの記事を参考にしてみてください。

フェルトクッキーの型紙を手作り!簡単な作り方を紹介

簡単に出来るフェルトクッキーの型紙の作り方を紹介しています。

フェルトのクッキーの縫い方

それではフェルトのクッキーを作っていきましょう~。

縫い方は

・かがり縫い
・たてまつり
・ブランケットステッチ

など色々あるので、詳しければお好みのものを。

よく分からんって時は、この記事のやり方でやってみてくださいね。

フェルト クッキー 縫い方

まずはフェルトに型紙をあて、チャコペンなどで線をつけます。

チャコペンで書く時にフェルトと型紙がズレやすいので、マチバリやクリップでとめておくといいですよ。

ちょっと色が見づらいかもですが、右側の写真がチャコペンで印をつけた状態になります。

フェルト クッキー 縫い方

クッキー1枚につき切ったフェルトを3枚使うので、型紙も3回あてて線を描きます。

フェルト クッキー 縫い方

ペールオレンジがプレーンクッキー、こげ茶はココアクッキー(またはチョコクッキー?)になります。

それぞれ切ってフェルトが3枚ずつ×6種類になりました。

フェルト クッキー 縫い方

刺しゅう糸について、束から引き抜くと6本の糸がよりあつまった状態になっています。

この束から1本だけをさらに引き抜いてください。

それとそのままの長さだとながすぎて使いにくいので、適当なところで切って使います。

今回私は70cmにして使いました。クッキー1枚分を縫ってちょうどいいか、ちょっと余るかって感じです。

フェルト クッキー 縫い方

重ねたフェルトは縫っているうちにズレやすいので、クリップで数か所とめておくとやりやすくなりますよ。

糸を針に通して玉結びをしたら、輪っか状になった糸の片方を切り一本どりにします。

そしてまず最初の一針は、重ねあわせたフェルトの中から始めます。

右側の写真のように、下一枚をのこして上と真ん中二枚のフェルトだけ針でさし、そのまま貫通させて糸を引いてください。

こうすることで玉結びしたところが、フェルトの中にかくれてキレイに仕上がります。

フェルト クッキー 縫い方

糸を上まで引っ張ったら、今度はフェルト3枚でぬっていきます。

最初の一針で一番下のフェルトをぬいませんでしたが、次の針は最初の一針と同じ位置で一番下のフェルトからさします。

そのまま上に針を通すのではなく、斜め先へとむけて貫通させてください。

フェルト クッキー 縫い方

右側の写真でイメージがつかめるでしょうか…?

糸が出ている所とまっすぐ隣になるところから針を刺し、斜め先に向けて通します。

糸は垂直の状態に縫えて、針は次の位置へとすすめる縫い方です。これをひたすら繰り返していきます。

フェルト クッキー 縫い方

一周ぐるっと縫って、最初の一針のところまでもどってきました。

糸の始末ですがこれも玉止めを生地の中に隠します。

やり方は最後の一針をぬったら、もう一度同じ場所に針をいれ、フェルト2枚分だけ貫通させます。

飛び出した状態の針に糸をぐるぐると巻き付けていき、巻いたとこをしっかり指で押さえながら、針を引っ張っていきます。

そのまま糸もずーーっと引っ張っていくと、玉結びが完成します。

フェルト クッキー 縫い方

…玉結びヘタなんですよね~私w

この結んだところをフェルトの中に隠すために、さらにまたまたフェルトの中に針を通します。

先ほどフェルト2枚分貫通させて針が出ていた場所ですね、そこに戻る感じです。

フェルトの中を針をすり抜けさせ、途中で針をそとに出します。

そして糸を外のほうに引っ張ると、玉止めがフェルトの内側に「グッ」と入る手ごたえが分かるかと思います。

とりあえずフェルトの中に糸が隠れればそれでOK。

フェルト クッキー 縫い方

糸とフェルトの色が同化しちゃって分かり辛いかも;

フェルトの途中から糸が飛び出している状態です、これをちょっと強めにひっぱった状態で、糸切ハサミをつかってギリギリのとこで切ります。

そうすると自然と糸の切り端がフェルトの中にひっこみます。

あとは他のクッキーも同様にしてぬっていくだけです、根気があれば大量生産してみてくださいね。

フェルト ままごと クッキー 作り方

これでプレーンクッキーとココアクッキーが完成しました~。

まだまだおもちゃを口にいれちゃう年齢なら、この状態までにしておくのがいいかもですね。

フェルトもウォッシャブルタイプを使うと洗えて便利です。

でももうちょっと大きくなった子なら、フェルトクッキーに焼き色をつけると、リアル感がでて面白いですよ。

>>関連記事

フェルトクッキーの焼き色の付け方で、子供が遊ぶままごと用の方法を紹介しています。小さい子どもだと口に入れたりする可能性があるから、なるべく安心な方法で焼き色をつけたいですよね。

フェルトクッキーの作り方まとめ

ごくごく基本的なフェルトクッキーの作り方の紹介でした。

作れば作るほどクッキー屋さんごっこが楽しくなりますよ、ママは大変ですけどw

カワイイ箱にいれたりするのもいいですよね。

あと今回つくったのは定番モチーフですが、アイシングクッキーにすることも出来ます。

>>関連記事

アイシング風のフェルトクッキーの作り方について書いています。クッキーは「丸・星・ハート」の3種類で、型紙の作り方もこの記事で紹介しています。アイシング自体は100均グッズで簡単あっという間に出来ちゃいますよ。

今回つくったフェルトクッキーを、そのままアイシング風クッキーにすることもできますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする