お花見に持ち寄りで喜ばれる弁当のおかずやご飯でおすすめは?

お花見 持ち寄り 喜ばれる

皆でごはんを持ち寄りしてお花見するってなったら、持っていくメニューに悩みますよね。

仲のいい友達や家族みたいに好き嫌いがわかればメニューも決めやすいけど、ママ友や同僚とかになると何がいいのかイマイチ思いつかなかったりしませんか?

この記事では

・お花見に持ち寄りで喜ばれるメニューは?
・お花見弁当のおかずで食べやすいものは?
・お花見のご飯ものでおすすめは?

についてまとめていますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

お花見に持ち寄りで喜ばれるメニューは?

お花見に持ち寄りでもっていった料理が、イマイチ受けが悪かったりすると悲しいですよね(-_-;)

別においしくなさそうとかいうわけではなく、箸をのばしにくいメニューってあるので、お花見に持ち寄りで喜ばれるメニューを紹介します。

桜のお花見って屋外でレジャーシートなどを敷いて、飲み物片手に食べ物をつまむスタイルですよね。

なのでなんといっても

・片手で食べられる
・一口サイズ

といったつまみやすい食べ物が好まれます。

さらに手が汚れないような工夫がされていると、気軽にひょいっとつまめますよね。

ピックがあらかじめ刺してあったり、念のためのウェットティッシュを準備しておくと便利ですよ。

なんでもかんでもピックに刺しておけたらいいですが、中にはそうもいかない料理もありますよね。

それでもお皿に取り分けしやすいようなメニューを選ぶといいかと思います。

たとえば汁気の少ないもの、お皿にとるときに汁がたれて洋服が汚れたりするのも困るし、水分がおおいと食材自体が傷みやすくなります。

それから時間がたって冷めてしまってもおいしいものもいいですね。

卵焼きとかお弁当の定番はさめてもおいしいものが多いです。

逆に、春になったとはいえお花見の時期ってまだまだ冷える日もあります。

なのでおでんや煮物といった温かい料理を保温状態でもっていけるならこれも喜ばれますよ。

お弁当箱でも保温タイプのもの(保温ジャーとか)があるし、発泡スチロールに入れて持っていっても温かさをある程度保てます。

ただし温度をキープできないと傷みやすくなるため、保温できるものがなければやめておいた方が無難です。

あとはサッパリ系の箸休めになるものもひとつは欲しいですよね。

他の人が揚げ物やご飯ものを持ってくる率が高いと、漬物やチーズみたいなちょっとした箸休めは人気になりますよ。

それと気を付けたいのが花見中の風です。

公園とか広い場所だと風もよく通るので、ラップとか紙コップなどが飛んでいきやすいんですね。

なので出来るだけゴミが出ないような状態でもっていくか、すぐにゴミ袋に入れやすくかつ飛ばない工夫をしておくのも大事です。

スポンサーリンク

お花見弁当のおかずで食べやすいものは?

もっと具体的にお花見の持ち寄りに喜ばれるメニューを紹介しますね。

まずお花見弁当のおかずで食べやすいものをザ~~っと羅列していきます。!

・焼き鳥
・ウインナー
・チキンナゲット
・豚の角煮
・ミニハンバーグ
・ピーマンの肉詰め
・春巻き
・海老フライ
・唐揚げ
・コロッケ
・ミニトマト
・煮卵
・ブロッコリー
・ちくわきゅうり
・卵焼き
・大学芋
・筑前煮
・アスパラベーコン
・アスパラにんじん

などなど…サッパリ系にはマリネや漬物がおすすめです。

実際にお花見の持ち寄りでもっていって、好評だったメニューの体験談も紹介しますね。

・お花見で手羽元をチューリップにした唐揚げが大好評でした。

つかむ部分は骨が見えているので手もそんなに汚れないですし、 (それでもウエットティッシュはあったほうがいいです) 食べやすいと大人から子供にまで好評でした。

可愛いカップ(紙コップなど)に野菜と一緒に入れておけば、 カップごととるので、野菜もついでに食べてもらえます。

・好評だったのは、いろいろな具を入れた春巻きです。

普通の中華の春巻きのあんのように最初に具に手をかけなくても、 野菜やチーズ、お肉などなんでも入れて揚げれば美味しく出来て手軽です。

バナナやチョコなど甘いものを入れればデザートにもなるし、 子どもが手で持っても食べられるので外でも食べやすかったですよ。

・お花見に持っていったお弁当で、ポテトフライも喜ばれました。

市販の冷凍食品をレンジでチンしただけですが、 塩味、青のり&塩味、カレー味などバリエーションをつけたので、 飽きずに食べられて良かったようです。

お花見といえば春ですが、子どもと一緒に遊んでいると 汗ばむこともあるので、塩味のきいたポテトは 美味しく食べられるのでおすすめです。

・ハンバーグ、唐揚げ弁当がとてもウケが良かったです。

男女混合でしたが、男性は肉が好きな方が多いのでとても喜ばれました。

また唐揚げでは鶏胸肉を使うと、ヘルシーなので女性にも喜ばれました。

そしてお弁当の定番でもある卵焼きも人気でした。

私は卵焼きとだし巻き卵の2種類を作りましたが、卵焼きの方が人気でした。

卵焼きは家庭によって味付けが異なりますが、 甘い砂糖の卵焼きよりも定番の塩入が好まれました。

彩りや見栄えのために、プチトマトやブロッコリーはもちろん入れましたが、 ハムときゅうりを巻いたものやたこさんウィンナーも入れました。

やっぱり肉系が1番好まれ、人気があり、無難で失敗することも少ないです。

でも煮物は家庭的な女性をアピールするにはとても良いメニューだと思います。

お花見のご飯ものでおすすめは?

おかずを色々つまんでいても、やっぱりご飯とかお腹にガツンとくるものも欲しいですよね。

お花見のご飯というとやっぱり人気なのは酢飯をつかった寿司系や、おにぎり、サンドイッチです。

いずれも生ものはやめて、傷みにくい具材を選ぶようにしてくださいね。

また一口サイズでつくると食べきりやすいのでウケがよくなります。

ご飯ものも実際の体験談を紹介しますね。

・家族でお花見に行ったときに手巻き寿司がとても喜ばれました。

酢飯をたくさん作って手巻き寿司の中身も準備して あとはお重に詰めて海苔を持っていけばオッケーなのでとても簡単です。

手巻きの中身は生物はNGですが、子供はお菓子を巻いたりして 自分好みのお寿司を各々作って食べられるのでとても楽しく盛り上がりました。

・おススメはちらし寿司をてまり寿司のように 一口サイズにサランラップにくるんだものです。

くるっとくるんだ時に見栄えが良いように錦糸たまごや 桜でんぶなどで可愛くすれば子供にもウケます。

また、お花見時期は昼間気温が上がる時もあるし、 だらだらと長時間外気にさらされがちなので、 酢飯だと抗菌効果があり、 ラップでくるんでいると衛生的なのでとても理にかなったメニューです。

・お花見弁当にお勧めなのは「稲荷寿司」です。

優しい甘さの煮汁を適度に含んだ油揚げと少なめの酢飯を 2口で食べられるくらいの大きさに仕上げるのがお弁当には適しています。

酢飯に合わせる具材は集まる人たちの好き嫌いもあると思うので、 白ごまのみのシンプルなものがお勧め。

そして別の容器に漬物を3種類くらい持っていくと重宝します。

浅漬け・キムチ・糠漬けなど。 お弁当は濃い味がどうしても多くなるので一息つける漬物は喜ばれます。 漬物は難しいという方は茹で野菜でも。

・散らし寿司だと取り分けしにくいので、可愛い紙コップに入れたミニちらし寿司がおすすめです。

最近100円均一でも可愛い紙コップがたくさん売られていますし、 紙コップではなく、クリアカップにして、 ちらし寿司の層を見せるものにしても可愛いと思います。

ちらし寿司の元も売っているし、やろうと思えば手軽にできるのでとっても便利です。

・ロールサンドイッチが評判が良かったです。

サンドイッチ用のパンの中にジャムやクリーム、 ツナ、ハム、チーズ、フルーツなどいろんな食材を挟んでロールにし、 サランラップで包めば終わりなので、手も汚れないし、 見た目も可愛いので大人から子供まで楽しめるメニューになりました。

サイドメニューとして、唐揚げやアメリカンドッグ、 スティックサラダ、卵焼きなどを添えると色鮮やかになります。

>>関連記事

春のお花見にもっていって便利だった持ち物や、寒さ対策におすすめの持ち物についても書いています。おでかけ前にチェックしやすいように、持ち物リストも用意しましたので、桜のお花見へいくときに是非参考にしてみてくださいね。

お花見の弁当持ち寄りでオススメのまとめ

あとは一緒にお花見に行く人たちが何をもっていくかわかれば、他の人とメニューがかぶらずに済むんですけどね~。

事前に分からないってこともありますよね(;´∀`)

そういう時はご飯ものが被るよりは、おかず系でかぶった方が量がおおすぎて残るってことになりにくいですよ。

特に揚げ物とかのガッツリ系よりは、さっぱりしたものの方が食べやすいかと。

楽しいお花見になりますように、この記事が参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする