スノーピークヘッドクォーターズのフリーサイト!新潟で冬キャンプ

スノーピーク ヘッドクォーターズ フリーサイト,新潟 冬キャンプ

子供を連れて冬キャンプへ行こうと思ったら事前に体験談って読みたくなりますよね~。(画像はイメージです)

この記事では

・スノーピークヘッドクォーターズのフリーサイトを利用した体験談!
・新潟で冬キャンプをするのにスノーピークがおすすめなポイントは?

についてまとめていますので、スノーピークヘッドクォーターズを検討しているなら参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スノーピークヘッドクォーターズのフリーサイトを利用した体験談!

新潟県にあるスノーピークヘッドクォーターは、広い芝生が広がり、フリーサイトやグランピングなど3種類ぐらいに分かれているんですが、私たちは歩き始めたばかりの娘が楽しめるようにフリーサイトにしました。

1歳の子供連れってなると温かい時期のほうがむいているかなとは思いますが、冬だと虫を気にすることなく楽しめるメリットがあるんですよね。

ちなみに、5月のゴールデンウィークに行ったときには、ブヨの時期だったので虫除けが必要でした;

スノーピークヘッドクォーターズは、車で15分~20分ぐらいのところにスーパーがあるので、虫除けを買い忘れてもすぐ買いにいけますよ~。

冬キャンプに向けて用意したものはフリース、ヒートテック、動きやすいように薄めのダウン、靴下も2枚重ねできる薄手のものと厚手のもの、子どもには足の先まで包まれるダウンを用意しました。

寝袋は冬用のもの、プラス、毛布を持っていきました。

空気で膨らませるマットも持っていって、これがある事で底冷えせずに過ごすことができましたよ。

夜は薪と炭で焚火をして暖をとり、テントの中にはヒーターを用意しました。

ヒーターがあるのとないのでは全然違います!

冬のキャンプはいかに防寒対策するかが大事ですよね~、色々と準備しすぎなぐらいでもいいと思います。

新潟県スノーピークヘッドクォーターズは、温泉があるので寒かったら利用するといいですよ。

温泉施設を使う事もできましたが、私たちは受付に24時間使えるシャワーが完備だったのでそちらを使いました。

スポンサーリンク

トイレと炊事場は隣同士になっていて、子どもがいたので近くに炊事場とトイレがあるところ選びました。

トイレはキャンプ場なのにウォシュレットでびっくりです、しかもキレイで使いやすい!

冬でしかも平日だったこともあり、人も少なく広々使えるし、周りを気にすることなくキャンプが出来たので良かったです。

夜はぐっと寒さが増すとのことだったので、温かい飲み物を作れるようなキットを用意して持っていき飲んで体を温め、子どもにはダッチオーブンでポトフを作りました。

しょうが湯の粉末をお湯でといてのんだり、焚火でスモアを作って食べたり、冬ならではの楽しみ方をしました。

夏のキャンプだと火を使えば汗ダラダラですが、冬のキャンプだとあたたかくて焚火がさらに楽しいですね。

新潟で冬キャンプをするのにスノーピークがおすすめなポイントは?

スノーピークヘッドクォーターズは、ゴミ捨て場があり持ち帰りなしで捨てて帰れます。分別はしっかりと!

焚火の始末もそれ用にバケツが用意してあるので焚火の処理も楽でした。

ちなみに、車は近くには停められるのですが、芝生に上は駐車禁止なので荷物を運ぶ台車的なものがあるといいと思います。

雪が降る地域なので、雪遊びグッズ持っていくとより楽しめますよ。

スノーピークヘッドクォーターズでは、少し傾斜にある斜面を滑れるようにソリを貸してくれる様でした。

土日は結構混んでいて早めの予約が必要みたいでしたが、平日行った方が空いていて混雑が苦手な人はいいと思います。

レンタルもできますし、薪も売っていたので手ぶらキャンプもできそうでした。

氷やミネラルウォーターも売っているし、売店でお菓子やカップラーメンも買えます。

スノーピークの現地限定グッズも売っていました。

子どもの汚れ物も洗えるコインランドリーも完備しているので、子連れにはめっちゃ嬉しい設備だらけでしたよ~。

あととくにオススメポイント!

高台にあった夕日や朝焼けがすごくキレイだったので、ぜひあなたの目で見てみてほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする