ビーフシチューの肉を柔らかくする方法!下ごしらえや煮込み時間は?

ビーフシチュー 肉を柔らかくする方法

牛すね肉を使ったビーフシチューを作る場合、すね肉を柔らかくするにはどうしたらいいのかが気になりますよね。

スプーンでお肉がほろほろとほどけていく、やわらかくて美味しいビーフシチューを作りたい!

でもそれにはすね肉の下処理や煮込み時間などがポイントになってきます。

そこで今回は、ビーフシチューに使うすね肉を柔らかくする方法や、おすすめの煮込み時間を紹介していきますね。

スポンサーリンク

ビーフシチューの肉を柔らかくする方法を紹介!

ビーフシチューの肉をやわらかくするには、下ごしらえと煮込み時間が大事です。

すね肉っておいしいけど特にかたい部位なので、何もせずそのまま短時間煮るだけではやわらかくならないんです。

下ごしらえのやり方と煮込み時間についてそれぞれ詳しく紹介していきますね。

ビーフシチューの肉を柔らかくする下ごしらえのやり方

ビーフシチューに使うすね肉を柔らかくする、下ごしらえの流れです。

・香味野菜と一緒にすね肉を茹でていく
・アクを取って差し水をする
・アクが出なくなるまで差し水とアク取りを繰り返す
・じっくり下茹で

といった手順になります。

・香味野菜と一緒にすね肉を茹でていく

まずスネ肉は食べやすい大きさにカットした後、鍋に入れ肉がかぶるくらいの水を注ぎます。

そして適量の酒と生姜が1欠片、ねぎの青い部分を1個入れ、煮込んでいきましょう。

・アクを取って差し水をする

すね肉は煮込んでいくとアクが出てくるのでそれを取り除き、鍋の中のお湯が少なくなったらお水を入れる、いわゆる差し水をして水量を増やしていってください。

・アクが出なくなるまで差し水とアク取りを繰り返す

完全にアクが出なくなるまで、アク取りと差し水を繰り返していきます。ちょっと忍耐勝負になりますが丁寧にアクをとるとその分おいしいビーフシチューになりますよ。

・じっくり下茹で

そしてしっかりとアクが出なくなったら、ネギと生姜を摂り除き、お肉のみ1時間~1時間30分ほど茹でていきましょう。

もし最後の下茹でに圧力鍋を使う場合は、すね肉を40分間茹でていくといいですよ。以上でスネ肉の下ごしらえは完了。

ということで、すね肉は割と硬めなので、下ごしらえをしてしっかりと柔らかくしておきます。

ビーフシチューの肉 煮込み時間はどれぐらい?

ビーフシチューはお肉を下茹でして、人参などの野菜といっしょに煮て、さらにルゥを入れて味付けしたら、そこから最低でも2時間ほど煮込みます。

やっぱりこれくらいは煮込まないと、肉が柔らかで美味しいビーフシチューにならないんですね。

ただし煮込む際はくれぐれも弱火にすることを忘れずに。

強めの火力で煮込んでしまうと、かえって肉が硬くなりやすいので、弱火でじ~~っくりと煮込んでいくのが、美味しいビーフシチューのポイントですよ。

ちなみに煮込む際は焦がさないように適度にかき混ぜましょう。ルゥを入れた状態なので鍋底から焦げやすくなっているんです。

そして、煮込んでいる時はなるべく鍋には蓋をしないこと!

蓋をすると食材の臭いが閉じ込められてしまい、臭みが出る可能性もあるので、蓋をせずに煮込んだほうがいいですよ。

ビーフシチューって本格的に作ろうとすると、下ごしらえや気を付けることも多く、かなり手間がかかってしまうんですね…。

スポンサーリンク

でもその分、美味しいすね肉のビーフシチューが出来上がるので、手間暇をかけてじっくりと煮込んだ甲斐はありますよ。

ビーフシチューのすね肉が固いときの対処法

せっかくビーフシチューを作ったのに、味見してみたらすね肉がまだ硬かった、ということも十分あり得ますよね。

そんな時は更にもう2時間、ビーフシチューを煮込んでください。

ただしその際も必ず弱火にして、時々かきまぜつつじっくりゆっくりと煮込んでくださいね。

ビーフシチューに限らずカレーなどでも同じなんですが、煮込めば煮込むほど、肉って柔らかくなります。つまり肉がまだ硬いのは、煮込みが不十分な証拠。

ということでもう1度弱火にかけて、適度にかき混ぜながらしっかりと煮込んでいきましょう。

ちなみに煮込み料理は圧力鍋をつかうと、煮込み時間をギュッと短縮できて、お肉もやわらか~い状態になります。

すね肉の下ごしらえもビーフシチューの煮込みも、圧力鍋を活用すると便利ですよ。

>>楽天

ビーフシチューの肉を柔らかくするまとめ

ビーフシチューにすね肉を使う場合、すね肉はあらかじめ香味野菜や酒と茹でておくことで、柔らかくすることができます。

そしてビーフシチューは最低でも2時間は煮込んでください。

また食べてみてまだ肉が硬い時は、煮込みが足りていないのでもう2時間ほど、弱火でじっくり煮込んでいきましょう。

時間はかかりますが本格的に美味しいビーフシチューが作れますよ!

>>関連記事

何気に迷いがちなビーフシチューに合うパンやおかずなどについてまとめました。さむ~~い冬のおもてなしやホームパーティーにピッタリな、ホッと美味しいビーフシチューの献立も紹介しています。